fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

桐蔭中学 理科実験合宿

●むこう向きのおっとせい その632

今小豆島からの帰りのフェリーの中だ。


9日、10日と桐蔭中学の理科実験合宿があり、
島に渡っていた。


我々学園スタッフが実験担当で、
子ども達を指導した。


実施した実験は
「カエルの解剖」「薬品の怖さと面白さ」
「テルミット反応」「花火作り」「LEDの実験」
「琥珀磨き」の6実験。


いずれの実験も、
普段は出来ないインパクトの強い実験ばかりだ。


子ども達の反応はすこぶるいい。


私は「薬品の怖さと面白さ」の実験を担当。


私の一挙手一投足に、
気持ちがいいくらい反応する。


子ども達の「この実験、ずっとやっていたい」という言葉に、テンションも上がり、
授業にも力がはいる。


あれほど、好奇心に満ちた、
キラキラした目を見ることは、
そうそうない。


打てば響くとはこの事だろう。


ほんとに心地の良い、
いい時間を過ごすことができた。


一昨年はコロナで合宿は中止。


去年もコロナで合宿は中止になったが、
桐蔭中学に出向いて、
中1、中2とも実験した。


桐蔭中学でやるのも悪くはないが、
自然あふれる小豆島での合宿は、
子ども達の開放感も大きく、
子ども達は、のびのびと時間を過ごしているように思う。


小豆島で実施出来てほんとによかった。


この合宿を通して、
子ども達の科学への関心が高まり、
何でもやってやろうという気持ちを持つようになってくれれば、言うことはない。


最後は自作した花火に点火して、
全ての実験は終了。


眩い花火の光とともに、
この合宿のことは、
子ども達の記憶に刻まれることだろう。


来年もまた小豆島で、
桐蔭生に出会えることを願っておこう。



ではまた。

友達はいいものだ

●むこう向きのおっとせい その631

この歳になると友達の存在が、
より大きなものになる。

生きているうちに出会う人で、
心地よい関係が続くのは
やはり学生時代の友達だなとつくづく思う。


先週久しぶりに中学の時の友達と吞みに行った。

ゴールデンウィークの時に
和歌山のアメリカ村に行ったのがきっかけで
久しぶりに会いたくなったのだ。

アメリカ村には親戚があって、
バンドを組んでいた中学時代の友達たちとは
高2の時に泊めてもらったことがあった。

とにかく一緒にいることが楽しくて、
彼らとは数々の思い出がある。

出会ってから随分な年月が流れたけれど、
会えばあの当時の風が蘇る。

お互いいつどうなっても不思議ではない年になってしまったが、
死ぬまでお付き合い出来たらと思っている。


学園の卒業生の中には、
学園で出会って、
その関係が長く続いている人たちが少なからずいる。

普段の授業に加えて、
合宿で寝食を共にした共通体験が
結びつきを強くするのだろう。

これからの生徒たちにとっても、
学園がそんな場であって欲しいなと思う。


アメリカ村を歩いた時は、
過ぎ去った日々を思い出し、
切なさが募ったけれど、
今を存分に楽しんでいる友達の姿を見たら
また元気が出た。

友達はいいものだ。



ではまた。


(今日はヒゲ先生の誕生日。
生きていたら97歳。今も側にいる。)

車中泊釣りに挑戦

●むこう向きのおっとせい その630

4月29日から始まったゴールデンウィークが終わった。


今年はやってみたかった車中泊釣りに挑戦してみた。


前半二日はその準備。


思ったより時間がかかった。


YouTubeを見ながら試行錯誤。


一時はこれは私には無理かとあきらめかけたが、
なんとか出来た。


目指したのは和歌山の煙樹浜。


行ったことがないので、
車の止める場所は確保できるのか不安だったが、
海のすぐ側に止めることが出来た。


車でのご飯やビールはおつなものだった。


車中泊のいいところは
朝起きたらすぐに釣りが出来るところだ。


4時半に浜に行ってみると、
驚いたことに、長い浜辺に人がずらりと並んでいた。


隙間に入ってルアーを投げる。


されどなんの反応もない。


周りも誰も釣れていない。


これだけの人がルアーを投げているのに釣れないとは
魚はいないのだろうと、自分を慰める。


諦めて場所を移動する。


あちこち周ったが、結局釣れたのはキスだけ。


目標にしていた青物の姿は見ることが出来なかった。


しかしながら2泊3日の車中泊釣りは最高だった。


新しいことをやっているわくわく感を、
久しぶりに感じることが出来た。


あと懐かしい場所を訪ねることも出来た。


これも今回の旅での大きな出来事だった。


長くなるので次回に書くとします。


日常を離れた旅は
自分に変化をもたらす。



ではまた。

エネルギーをもらった

●むこう向きのおっとせい その629

新学期が始まり約3週間。

ようやく余裕が出来てきた。


日曜日は、元スタッフのN君の通う、
音楽スクールの発表会を観に行った。

彼はそこでオペラを習っていて、
初めて唄声を聞いたが、
マイクなしの会場に響き渡る、
見事な声だった。

細い体のどこからあんな声が出るのか、
ほんとに驚いた。

長く仲良くさせてもらっているが、
新たな一面を見ることが出来て嬉しかった。


また昨日は卒業生が一杯やってきた。

3年前の卒業生たちは、
柔道整復師、美容師、ファッションデザイナー
とそれぞれに新たな道を歩み始めていた。

久しぶりに喋ったが、
見た目も中身も成長しているのが眩しかった。


高3の卒業生は
目指す大学に合格するために、
学園での個別指導を受けたいと、
この間話があったので
担当できる先生と会ってもらった。

夢が実現できたらいいけどね。


高1生も数人やってきた。

まだ学園生活の余韻が残っているのだろう。

数学がもうついていけないとか
学校が楽しすぎるとか、
現状を報告してくれた。


そして親子2代で学園に通ってくれた、
元スタッフのO君は
娘さんと一緒に、ミジンコを持ってやってきてくれた。

メダカを本気で飼っているようで、
餌としてミジンコも培養しているとのこと。

中1生が顕微鏡を習っているので、
有難いプレゼントだった。


授業があったので、
十分な相手は出来なかったけれど、
こうして多くの卒業生たちと交流できるのは
ほんとに幸せなことだ。


卒業生たちからたくさんのエネルギーをもらった。

明日からのゴールデンウィークでも
鋭気を養って
ますますパワーアップしていこう。


ではまた。

2回目のゴルフコンペ

●むこう向きのおっとせい その628

日曜日、2回目のゴルフコンペがあった。


結果は一応優勝だったのだが、
ダブルペリア方式での結果なので、
本来の優勝ではない。


このコンペを楽しみに、
ネットを見て研究し、
打ちっ放しで試すというのを
何回かやった。


打ちっぱなしではかなり好調で
これは過去一の結果が出て、
みんな驚くぞと思っていた。


ところがである。
1番ホールから、
練習では出ないようなボールが飛び出す。


それで体に力が入ったのだろう。
なかなか思うような球が打てない。


そしてパターは最悪。ホールを行ったり来たり。
またバンカーも最悪。バンカーを行ったり来たり。


散々な結果だった。


自分に期待していた分、がっかり感は大きかった。


ベストスコアを出したのは、同じ組で周っていたM君。


彼とは一番よくコースに出ているが、
いつもより体の力が抜けて、
いいショットを連発する。


最近彼女が出来て、心に余裕があることが
好調の要因だろう。


ということを最終ホールでみんなで冷やかしたら、
彼のボールはあらぬ方向に飛んでいき、
彼のハーフのベストスコアを逃してしまった。


ゴルフというのはほんとにメンタルなスポーツだ。



スコアに納得は出来なかったが、
みんなでワイワイゴルフが出来るのが何とも楽しい。


1人だけ年齢がかけ離れているが、
仲間に入れてもらって、
こうした時間を過ごせることが何とも幸せなことだ。


こんなきっかけを作ってくれたM君、
そして周りのみんなには感謝である。


次回開催は7月。


今度こそベストスコアを出したいものだ。



ではまた。

ようやく一息つけた

●むこう向きのおっとせい その627

ようやく一息つけた。


3月21日の卒業式の後、
22日~24日は卒業旅行で小豆島。

26日27日は明星中学に行って
中1生相手に理科実験。

29日から31日は毎日10時間の講習会。

4月2日3日は小豆島にて今年1回目の実験学校。

5日~7日は講習会。

そして8日から新学期スタート。

9日は1回目のジュニアサイエンス。


怒涛の3週間だった。

昨日久しぶりに息継ぎが出来た。


忙しい中で嬉しかったのは、
6日に新高1生が制服披露でみんな集まって来たこと。


彼らは、新たな生活への期待感に溢れていて、
とても眩しかった。


お披露目会が終わってから、
”藤原学園に出会えてよかった。
藤原学園の生徒になれたことは誇りだ。”
などなど学園愛に溢れたラインが届いた。

一番嬉しかったのは
残念ながら受験で結果の出なかった生徒からのライン。

「今日はゆっくり話すことが出来なかったけれど
改めて先生ありがとうございました。
入試の時には結果が出なかったけれど
先生の言葉にすごく救われたし、
前向きになれました‼
無事高校生になれたということを
今日見せられてよかったです!
ありがとうございました。
また会いに行きます。」
と書いてあった。

また涙腺が崩壊する。

もっとやってあげることがあったと
申し訳ない気持ちでいっぱいだったけれど
ちょっと救われた気がした。

こんなにも学園のことを思ってくれている人達がいる。

そんな人たちのことを心に留めて、
また気持ちも新たに
子どもたちと向き合っていこう。



ではまた。

卒業式

●むこう向きのおっとせい その626

21日、2年振りの卒業式を3学年合同で、
東大阪のキラリという会場で実施した。

ここ2年コロナのせいで出来なかったが、
ようやく実施することが出来た。

祝辞後、職員によるバンド演奏。
そして記念映画上映、答辞と
47年前から同じパターンでやっている。

卒業生代表は各期から2人ずつ、
6人が出てきて
メッセージを読んでくれた。

どの子の文章も学園愛に溢れていた。

懸命に読んでいる姿を見ていると、
この子たちの出会った頃の
幼い姿を思い出し、
涙腺が崩壊する。

1人の男の子が、
私のブログを読むのが趣味だと言った。

彼が入試を受けた時の、
私の書いた文を読み返すと、
涙が出るらしい。

こんなのを聞くと、
またしっかりと書かないとと、
最近書けていない自分を反省する。

1人の女の子のは長文だった。

自分の印象に残っている出来事を
2つ挙げていた。

一つは中1の夏合宿の
20キロのオリエンテーリングで、
周りからはきっと遅いだろう、
最後だろうと思われていたのに、
全力でやり抜いて2番でゴールしたこと。

途中まで1位だったのが抜かれて
2位になった事が悔しくて悔しくて
仕方なかったらしい。

そしてもう一つは冬合宿で
単語100個覚える課題に
チャレンジしたこと。

彼女は英語は余り得意ではない。

なので100個というのは、
彼女にとっては、
大変にハードルの高い数だ。

それを周りの励ましもあり、
何度も泣きながら、100個覚えきった。

満点をとった瞬間、
周りからは大きな拍手が沸き起こった。

私が人生で一番頑張って、
一番泣いた忘れられない思い出でしたと
彼女は話してくれた。


それぞれが、それぞれの思い出を持って
学園を巣立って行く。


これから様々なことに出会っていくだろう。

決していい事ばかりではない。
辛いこともいっぱいある。

彼、彼女たちがこの学園での思い出を胸に、
これからの人生を
力強く歩んで行ってくれることを願う。

彼、彼女たちに幸多かれ。


ではまた。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.