FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

12月実験学校

●むこう向きのおっとせい その474

土日は今年最後の実験学校だった。


今回のテーマは
「美し過ぎる実験スペシャル」

1時目は
「カラフル結晶を育てよう!」

尿素の結晶析出の実験。
尿素は再結晶までの時間がとても短く、
みるみる結晶が出来てくる。
結晶に着色して、
子どもたちはその成長する変化を楽しんだ。

2時間目は
「折り染めスタンドを作ろう!」

和紙を着色液に浸して、模様を作り、
これをホヤにして電気スタンドを作成。
世界にただ一つの電気スタンド。
その幻想的な光に子どもたちはうっとり。

すき焼きパーティーの後

3時間目は
「世の中ハートであふれている」
「瞬間色変わりコマを作ろう」

ホロスペックフィルムというのを使うと、
点光源の周りにハートやスパークができる。
悩んでいる時もこれを見れば笑顔が戻る。

「瞬間色変わりコマ」は、
回っているコマに手をふれると
瞬間に色が変わる。
その変化の面白さに、
子どもたちは何度もコマを回した。

すき焼きパーティーの後

4時間めは天体観測。
非常に寒かったが、夜空には星が煌めき、
冬のダイヤモンドを確認した後、
双眼鏡でスバルを観測した。
スバルの青白い輝きは圧倒的な美しさだった。


朝の釣りは寒む過ぎたので中止にした。


5時間目は
「幻想的に光る美し過ぎる籠ボールの製作」

「籠ボール」を荷造りPPバンドをつかって作成。

担当は関西環境教育学会のU先生。

6本のPPバンドを織り込んでいくのだが、
これがまた難しい。

しかしながら、出来上がりは幾何学模様が大変に美しい。

フルカラーLEDをボールに中に入れて、
電気を消すと、ボールの中もバンドの色も
刻々と変わり、とても綺麗だった。


最後の実験は
「鏡を組み合わせて万華鏡を作ろう」

光の反射についての規則を学習した後、
万華鏡作りに挑戦。

作成した筒を回しながら見ると
次々と模様が変わる。

その変化の美しさに、
子どもたちは、飽きずに眺めていた。


今回の6つの実験を通して、
「変化する美しさ」を感じ、
科学への興味が深まってくれれば
言うことはない。


次回は年明けの1月13.14日。

平成30年度の最終会になる。

「ロボット作成」と「表彰式」で
しっかりと締めくくろうと思う。


ではまた。


悩みは尽きない

森山's Honey Buket378


冬の入り口頃が多いかなあ…

夜中?暁の頃?
ふと目が覚める。

夢の中身に動揺して目覚め
そして
考えていると暫く眠れない。


その中身は
前日または近日にあった
子どもたちや
保護者の方との
ほんの些細なやりとり。


そのやりとりの言葉には
どれも


厳しい口調のものも
不平の台詞も
批判も

無い。



しかし、それは

自分の仕事を振り返らせ
これでよかったのか?

と立ち止まらせてしまう瞬間を作る。



だから
夢に出てくる。


不思議と
やりとりをしているリアルタイムより
夢の中の自分や
その夢で目覚めた自分の方が、
その事実と真剣に向き合っている。


今朝は朝焼けが美しかった。


次の授業で打つ手は何か?
どう接し、何を語り掛ければ良いか?


今回は
比較的短い時間で
〝こんなふうにやってみよう!〟
が頭に舞い降りた。



夢を見、悩んで、自分を言い聞かせ…

一連のことがまた
ひとつの夢になるかのように
再び眠りの中に入ることができた。



それにしても
何年この仕事やってんねん!俺は…
いつまで悩むねん…


また髪の毛が抜けていった(はずだ)。



























新たな出会いが始まる

●むこう向きのおとせい その473

今朝、M山先生と、この春、初めて合宿に来ることになった
M中学に打ち合わせに行った。


伝統あるM中学とご縁ができたことはとても喜ばしいことだ。


「星くずの村」に合宿に来ていただいている中学は
現在のところ2校。


T中学は25年。
I中学は10年と長いお付き合いになっている。


いずれも理科実験の合宿で、我々が実験を担当している。


普段学校ではできない実験をすることで、
子どもたちが、科学により興味を持つきっかけになればということで、
実施していただいている。


子どもたちの反応はとてもいい。


それが長く続く要因だろう。


今日M中学から帰ってから、
T中学が発行している、生徒の感想文を読み返してみた。


平成10年のものなので、もう20年も前のものになるのだが、
その中に「藤原真也先生の授業」というタイトルの文がある。


私が担当した「薬品のこわさ」実験の感想を書いてくれているだが、
読み返すたびに、ちょっと気恥ずかしい思いとともに、
身の引き締まる思いがする。


この文を書いてくれた人とは、あの時以来一度もあってない。


今はもう30歳を超えているだろうけど、
時には島でのことを思い出したりしてくれているのだろうか。
もしそうならばうれしいが。


T中学の生徒ともI中学の生徒とも、たった一度の出会いになる。


だからこそ、この一期一会を大事にしたいと思ってやってきた。


来春出会うM中学の生徒にとっても、
いつまでも心に残る合宿になるように、
できうる限りの準備をしようと思う。



ではまた。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.