fc2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

天寿を全うした

●むこう向きのおっとせい その674

11日、母が天国に召された。

今年の正月には
久しぶりに、親族のお祝いの席に元気な姿を見せていた。

片手にビール、片手にお寿司をもち、
ずっと飲み食いしていた。

それが食べ納めになるとは
その時には想像もしていなかった。

お祝いから4日後、肺炎を患って入院。

食事をとることは出来ず、点滴だけになってしまった。

人間食べないとやはり弱ってしまう。

もう年も年だけに治療することも出来ず、
退院して大好きだった施設に戻った。

頭は最後までしっかりしていたので、
施設に帰った日は、みんな大好きと喜びを口にしていた。

亡くなった日、
ジュニアサイエンスがあった。

後片づけをしないといけなかったのだが、
母の顔を見てからにしようと思って、
片付けはほどほどにして、
母に会いに行った。

しきりに何かを訴えているのだが、
何を言っているのか分からない。

のどがイガイガすると聞き取れたので
お茶を飲ませた。

その後も何か言おうとしているのだが、
どうしても聞き取れない。

両の手を握って様子を見ていたのだが、
生徒が待っているとの連絡を受けたので、
その手を放して施設を出た。

その3時間後に息をしていないとの連絡が入った。

あのままもっと母の側にいたらよかった。

後悔は尽きない。

でも母はあんたの鈍感さはしょうがないなぁと。
笑っているに違いない。


私の一番の思い出は、
小学校6年生の時に4ヶ月ほど入院していた時に
毎日来てくれたことだ。

今考えてもよく来てくれたとつくづく思う。

そんな無償の愛に支えられて、
私はここまで生きてこられた。

ただただ感謝しかない。


自分のことは二の次で、
いつも相手のために尽くし、
多くの人に元気と勇気を与えた人生だった。

行年100歳。母は天寿を全うした。



葬儀は身内で済ませました。

生前に賜りましたご厚情に対し、
厚くお礼申し上げます。
ありがとうございました。

祝ってもらった

●むこう向きのおっとせい その673

8日は誕生日だった。

多くの人からお祝いのメッセージをもらった。

メッセージを送ってもらった年齢層はとても幅が広い。

こんなことはこの仕事をしているからこそだろう。


生徒からは、動画付きのメッセージが送られてきた。

これはかなり嬉しかった。


それぞれに温かい言葉をもらって、
気持ちがほっこりすると同時に、
身の引き締まる思いがあった。

ここまで好きな仕事を続けられていること、
そしてまだ体も元気で動けていることは
ほんとに有難いことだ。

また大きな変化があって、
今まで通りにはいかない事態になるかもしれないが、
残り少なくなった人生だ、
自分のやりたいことに注力して、
新たな時間を刻んでいこうと思っている。

まだ気持ちは年をとっていない。


ところで今日は私立高校の入試の日だ。

動画を送ってくれた生徒達も、
人生初の試練に臨んでいる。

昨日の激励会で、
多くのスタッフからもらった励ましの言葉を胸に、
精一杯自分の力を発揮してくれることを願っておこう。



ではまた。

2023年度 実験学校最終回

●むこう向きのおっとせい その672

この土日は2023年度の最終の実験学校だった。

テーマは毎年恒例の「ロボットスペシャル」

今回のロボットはモーターで動くのではなく
バネで動くロボットだった。

3通りに変身するロボットで
かなり複雑なものだったが、
小さな子どもたちも先生の助けを借りながら、
第一段階は全員が作り上げた。

中には1段階目ですっかり満足して、
あとのは作らず、
作ったロボットで嬉々として遊んでいる生徒もいた。

小2のA君に至っては、
食事の時も、日の出を観に行くときも、
天体観測の時も、ずっと手に持っていた。

ここまで気に入ってくれたら、
担当のS先生も、
このロボットを選んだ甲斐があったことだろう。

にしても子どもの反応はやはり可愛い。


そして今回は2023年度の最終回なので、
この1年頑張ってきてくれた生徒には
表彰状と記念品を渡した。

年回6回、皆勤の生徒もかなりいる。

中には4年、5年と皆勤、準皆勤の生徒も少なからずいる。

ほんとに嬉しいことだ。

また、皆勤や準皆勤ではないが、
小1から高3まで、12年間も来てくれている生徒や
遠く茨城県からきてくれた生徒もいる。

茨城県から来た生徒は、
夜行バスに乗って10時間近くもかけて来てくれた。

帰りも夜行バスで、家に着くのは翌日の朝になり、
それから学校に行くという。

彼の実験学校に対する情熱と行動力には頭が下がる。


こんなにも強い思いを持ってきてくれる生徒がいる。

その期待に応えるべく、
子どもたちの琴線に触れる実験を数多く用意して、
新年度の実験学校を迎えたいと思う。


ではまた。

Newest

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.