FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

カッター

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


通りには赤や黄色の落ち葉が溢れ、街は赤と緑に彩られる12月。

モノクロのイメージがある冬も案外カラフルなものですね。



金曜日の仕事中、ふと肘を曲げたときだった。


明らかに普通ではない音がした。


何やら肘のあたりに違和感も覚える。


僕は恐る恐る違和感の真相を確かめることにした。



ゆっくりとジャケットを脱ぎ、違和感の在処に目をやる。


すると信じられない光景が僕の目に飛び込んできたのだ。












カッターシャツが裂けて肘がむき出し!











というわけで、長らく愛用してきたシャツが一枚、その役目を終えることになりました。




そんなことをTwitterでつぶやくと、早速友人からリプライが。


「その名の通りかもな!」




確かに、カッターシャツは英語表記にすると、


cutter shirt


ですね。


cut は「切る」という意味なので、妙に納得。



と、思ったのも束の間。




「カッターシャツは何故カッターシャツと呼ばれるのか?」


そんな疑問が頭をよぎります。


まさか僕のようにしょっちゅうcutされている分けではないでしょうから。



そして調べてみると、これまた意外な事実が判明しました。


何と、cutter shirtは元々英語では無いんです。


そういえば関東の人はカッターシャツとは呼ばず、Yシャツと呼びますしね。



ではいったい何なのか。


現在もスポーツ用品で有名な「ミズノ」という会社があります。



その創設者である水野利八氏が、日本が第一次世界大戦で「勝った」ことにかけてネーミングをしたとのこと。



これは全く分かりませんでした。


言葉の由来を調べると思わぬことに出会えることが多々あります。


こんな出会いを楽しめるのも勉強です。



「なぜ?」と疑問をもち、それを調べて、「へぇー!」と納得する。
学ぶことの楽しみの一つですね。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.