FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

公立後期入試

●むこう向きのおっとせい その176

今日は公立高校後期の入試の日。

これを書いている今、子どもたちは、緊張の中で問題と向き合っているだろう。

今までの頑張りが、最高の形で現れることを願いつつ、
子供たちの健闘を祈りたい。


布施高校に励ましの力餅を持って行ったのだが、
なぜかよく話しかけられた。

自転車に乗っている若い兄ちゃんが、
「今日はここで何かあるんか?」と聞いてきた。

「高校の入試だよ。」

相手を見て話し方を変えるのはいかがなものかと思うが、
その人にはそんな話し方があっている気がしたので、そうした。

すぐに行ってしまうのかと思っていたら、
これがずっと私の横にいて、なんだかんだと聞いてくる。

話し方が面白いので、生徒が来るまでお相手をした。


その次に、また怪しげな人が受験票を私に見せてきた。

「ここで合ってますかね?」とにこやかに聞く。

どう見ても中学生に見えない。

なに者なんだと思って受験票をよく見たら、「定時制」と書いてあった。

布施高校には定時制があった事を思い出した。

同じ日に受験があるとは知らなかった。

受験票を見て時間を確認したら、全日制と同じだったので、
「ここであっています。」(言い方が丁寧になった)と返答すると
彼は手を振って、にこやかに高校の門をくぐっていった。


そしたら、横にいた兄ちゃんが、「俺も定時制受けた。落ちたけどな。」と言った。


「定時制を落ちることがあるのかと思ったが、
深くは聞かないでおくことに決めて

それは残念だったね。」と答えると、


兄ちゃんは、「まあな。」とちょっと寂しげだった。


そうこうしていたら、ようやく生徒が来た。

昨日は緊張感が溢れていたが、今日は落ち着いた顔をしていた。

励ましと、メッセージを渡して、送り出し、その兄ちゃんとも別れた。


彼が福の神であることを願っておこう。



ではまた。


今日は3月11日
東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.