FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

平成25年度 第1回実験学校

●むこう向きのおっとせい その177

16日・17日と今年最初の実験学校を実施した。

新人の子どもたちも迎え、賑やかにスタート出来た。

学年ごとに
4つの実験と、全員での熱気球の打ち上げ・天体観測、釣り、
そして今回のメインであった、パンスターズ彗星の観測と盛りだくさん。

2時間目の実験終了後、
パンスターズ彗星の観察のため、宮山という小さな山に登った。

パンスターズ彗星は当初の予定より明るくはならなかったので、
肉眼での観察は難しい状態になっていた。

双眼鏡で彗星を探すが、あいにくの霞と雲で、残念ながら見ることは出来なかった。

村に帰ってからの天体観測では
見事に冬の星座と春の星座を観測することが出来た。



二日目、朝起きて釣りに行く。

最近釣果は全くダメで、今回も1匹しか釣れなかった。

しかしながら、レポートには、釣りが一番楽しかったと書いている子がいた。


そうなんだ、釣りは連れても釣れなくても面白いのだ。

そのことを感じてくれたことが嬉しかった。


実験をしていたら、実験学校出身の卒業生姉妹が家族で来られた。

ヒゲ先生の葬儀の時には来れなかったとのことで、
お参りに来てくださったのだ。

聞けばお姉ちゃんの方は、音楽関係の道、妹の方は医学部に在籍し
将来医者になるとのことだった。

この日来なかったもう一人の妹は東大に在籍とのことだった。


今回、この春から大学生になる二人も参加していた。
二人にとっては、卒業旅行気分だ。

そのうちの一人は絵の道へ進み、もう一人はやはり医学部へ進学する。


前に村を訪ねてくれた卒業生も医学部だった。

その時に聞いた話では、その子と一緒に実験学校に来ていた4人の内、
3人が医学部だった。


ヒゲ先生の撒いた種はどのように育っているのだろう。


実験学校がスタートして23年。


卒業生たちのその後を是非とも調べてみたいものだ。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.