FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

1年経っても

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆

本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪


先日、4年弱程住んだ部屋を引き払い、引越しをしました。


街も景観も人も、全く異なる環境で始まった新しい生活にワクワクしっぱなしです。


まだまだ新しい街のことを知らないので、休みのときにブラっと出かけるのが冒険のようで何とも楽しい今日このごろ。


たくさんの新しい発見をしていきたいと思います。





引越しをきっかけに、長らく眠らせていたものの封印を解きました。



約1年前、多くの人々にご迷惑をかけることになった怪我をした際に乗っていた自転車です。


怪我がある程度治り、歩けるようになった後も何となく乗っていませんでした。


それまでは自転車で通っていた道を歩いてみるというのも中々良いもので、むしろそれを楽しんでいたのですが。




さて、1年間全く乗らなかった自転車に乗るとどうなると思いますか?





ちょっと感覚を忘れてしまって、フラつきそう?






乗り方を忘れてしまって全然乗れなさそう??






僕はビックリしました。






自転車にまたがり、






ペダルをこぎだすと、







なんと、













以前と同じように何の違和感もなく乗れるんです!










引っ張りすぎましたか?(笑






でも本当に凄いと思うんです。


1年間も全くやっていなかったことが、普通にできるって。


毎日していたことだから身体がちゃんと覚えていてくれてるんですね。





勉強には必ずついて回る「覚える」ということ。



「私、覚えるの苦手〜〜」


そんな声もよく聞きますよね。



でも、実は覚えることってそんなに難しいわけじゃないんです。


人によって覚えるまでの時間は違うけれど、必ず覚えられる。


覚えるのが苦手だと言ってる人だって、いっぱい覚えているじゃないですか。


自転車の乗り方だってそうでしょ。


自分や家族や友達、芸能人の名前なんて数え切れないほど覚えていますよね。


好きな歌なら歌詞を見ずに歌えるじゃないですか。




さて、これらは何故覚えていられるのでしょう?




簡単なことです。




毎日毎日、何回も何回も繰り返してきたから。







むしろ本当に難しいのは「忘れること」です。


例えば、誰だって嫌なことがあれば早く忘れたいですよね。


でも忘れようとするほど、頭の中で繰り返してしまって余計に覚えてしまったり。



例えば、こんな宿題を出されたらどうですか?


「来週までに、友達の名前を5人分忘れてきなさい。」


僕は絶対にできないです。




やっぱり「忘れる」より「覚える」方が簡単そうです。



1ヶ月以上もある夏休み。


試しに何かを毎日繰り返して覚えてみるのはどうでしょう?

朝焼 

人は繰り返し行うことの集大成である。
だから優秀さとは、行為でなく、習慣なのだ。
(アリストテレス:古代ギリシャの哲学者) 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.