FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

無我夢中

●むこう向きのおっとせい その196

3日、4日と常翔啓光中学・高校の「サイエンスクラブ」の合宿があった。


1泊2日と限られた時間ではあったが、


「薬品の怖さと面白さ」「花火作り」「ロケット・熱気球の制作」

「花火点火」「海ほたるの観察」「天体観測」「釣り」

「ロケット打ち上げ」「熱気球打ち上げ」「金貨・銀貨作り」


と、盛りだくさんの実験・観察に取り組んだ。


最初はこれだけのことをこなすのは無理かもしれないなと思っていたが、

流石「サイエンスクラブ」の面々である。


好奇心旺盛で、やる気も満々。


どの実験にも非常に熱心に取り組み、

すべてこなすことが出来た。


そんなサイエンスクラブの面々の中でも

特に面白かったのは、昆虫マニアの少年二人。


家から、虫を呼び寄せるための餌を作ってきて、

暗くなってから、それを仕掛けていった。


その時の格好がとてつもなく面白かった。


このクソ暑いのに、頭のてっぺんからつま先まで重装備だったのだ。


「いったいどこに行くねん!?」と思わずツッコミを入れてしまった。


二人は懐中電灯片手に、次々と村の木を探していく。


朝、私が5時に起きて釣りに行く時、彼ら二人は木の前でゴソゴソしていた。


ほとんど寝ずに昆虫を探していたようだ。


後で聞いたら、仕掛けに集まって来たのは、アリとゴキブリだけだったそうだが、

灯りに集まって来た、クワガタやカブトムシなど、たくさんの収穫があって

彼らはとても満足していた。


自分の好きなことに、目一杯の情熱を注いでいる姿が印象的だった。



「無我夢中」になる。



いいですね。



ではまた。
s-無我夢中

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.