FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

目的地は必要か

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪


カラカラに乾いていた大地に恵みの雨が降り注ぎます。
熱されっぱなしだった大地もようやくクールダウンできそうですね。


他の先生方も書いておられるように、8/19〜22は学園の夏期合宿でした。

酷暑と言われる暑さの中、学園の最大イベントを無事に終えることができてホッとしています。


今回の夏期合宿、僕の中のハイライトは中学生のオリエンテーリングでした。

自身が担当した行事ということもあるのですが、この暑さの中ほぼ全員が完走・完歩できたことを本当に嬉しく思います。


今回のオリエンテーリングのコースは「星くずの村」を出発し、島内を巡って「星くずの村」へと帰ってくるというもの。

例年のような、どこか遠くの地点までバスで行き、そこから「星くずの村」へ帰ってくるのとは大きな違いがあります。



それは、


目的地の明確さ


です。



目的地が明確だと人は行動をしやすいものです。


フルマラソンだってゴールが分かっているから走れるわけです。

「なんでもいいから、とにかく42.195キロ走れ!」

とか言われても走れません。


昨年までのような「星くずの村」を目指すコースだと目的地は非常に明確です。

しかし、今年はその目的地が分かりづらい。


だから、目的地が少しでも明確になるようにコースを設定しました。


「星くずの村」から真正面に望むことができる寒霞渓。

その中腹に比較的最近出来た「内海ダム」が見えます。


ここが折り返し地点になるので、まずはここを目指そうと。


「内海ダム」に到着すれば、今度はそこから「星くずの村」が見えます。

つまりゴールが見えるわけです。



そんなことに気付いてくれたかは分かりませんが、早かったチームは3時間台でゴールをしていました。


一方、僕が一緒に歩いた最後尾のチームはというと、目的地などあまり気にしません。


道中、仲間とのおしゃべりを楽しんだり、アイスやかき氷を食べたり、写真を撮ったり。


「今を楽しむ」


そんなスタイルで歩き続けました。


時間は先頭チームの2倍ほどかかりましたが、しっかりゴールすることができました。



物事を成し遂げていくときのパターンは大きく分けるとこの2つだそうです。



目標を明確にし、そこに向かって全力で突っ走っていき達成するタイプ。

目の前にやってくることを1つ1つ全力でこなし、気がつけば達成しているタイプ。



どちらが良い悪いではなく、自分自身にあったスタイルがあるのでしょうね。


今回のオリエンテーリング、最後尾の子達と歩いて楽しかった僕は後者のタイプかもしれません。

th_かかし 

誰かの成幸法則ではなく、自分の成幸法則を見つけてみよう。 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.