FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

理科実験は子どもを笑顔にする

●むこう向きのおっとせい その201

昨日は鯰江東小学校の「鯰江東サンデースクール」というイベントに参加した。


PTA主催のイベントで、

昨年までは「親子キャンプ」を実施されていたのが

今年は「科学実験・工芸体験教室」を代わりにすることになったのだ。


我々に声がかかったのは、実験学校に参加してくれている、

M君のお母さんが、PTAの実行委員になっておられたのがきっかけだった。


担当した実験は

「スライムとスーパーボールを作る」「ペットボトルロケットを飛ばす」
「ビー玉ライトを作ろう」「アイスキャンデー作り」「ラムネ作り」



雨が心配されたが、なんとか持ちこたえる。



スタートは火薬エンジンのロケット打ち上げ。


ロケットは見事に空に舞い上がり、パラシュートが開いてゆっくりと降りてきた。

見ていた子どもやお父さん、お母さんも拍手喝采である。


その後各教室に分かれて実験スタート。


学校の実験室や家庭科室を使っての授業だったが、

我々も初めての体験で、新鮮だった。



私はスーパーボールとアイスキャンデー担当。


どちらも子どもたちはとても喜んでくれた。


子どもたちは、どうしてあんなにいい顔をするのだろう。


初めて出会って、ほんのわずかな時間のお付き合いだけど、

子どもたちの笑顔は最高だった。


実験は子どもたちを笑顔にする。


帰り際にM君が、「来年もまた来て。」と

NHKに出ていた「わくわくさん」そっくりな、人懐こい顔で見送ってくれた。



思ったよりハードだったけど、たいへん楽しい時間だった。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.