FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

それいけ!アンパンマン

森山's Honey Bucket 193


一昨日、「それいけ!アンパンマン」の作者 やなせたかしさんが亡くなったとの報道があった。

当時まだ小さかった息子・娘は、テレビ放送を観たり、借りてきたビデオを観たり、映画館で歓声を上げたり、とにかくアンパンマンが大好きだった。

正直なところ、子どもたちにひけを取らぬほど、僕自身もアンパンマンの大ファンだった。(おそらく家内も…)



お腹を減らして困っている人を見かけると、
自分の顔をちぎって分け与える。

それをもらったあいては元気になってお礼を言うが、
アンパンマン自身はパワーなくヨレヨレの状態になる。

僕は、今までそんなアニメの主人公を見たことが無かった。


「他人の幸せのために、
自分が出来る精一杯を尽くす。
分け隔てなく、誰に対しても…」


「ひとの喜びを自分の喜びとする。」


“それこそが人として生きることの意味ではないですか?”


やなせさんの心が投影された物語だった。


また、やなせさんは
アンパンマンの行動を通して、
子どもたちに真の勇気とは何か…ということをも
静かに語り続けていたような気がする。



優しさと勇気の意味を描いたこのアニメは、
登場人物(キャラクター)の誰一人も決して殺さなかった。
悪役の死はもとより、英雄の勇敢な死も、家族や友だちとの悲劇的な別れですら、
誰かが命を亡くすという場面は一つとして描かれなかった。(僕の知る限りでは…)


「アンパンチ~」を食らって
「バイバイキ~ン」と空の彼方に消えていくバイキンマンも、
次の回には、元気に登場して可愛い悪事に知恵を巡らせる。


だれも死なないお話に僕はいつも心地よさを感じていた。




アンパンマンの生みの親であるやなせさんは
ご自身の生き方もまたアンパンマンそのものだった…と言う。

亡くなる2ヶ月前に行われたコピーライター糸井重里さんとの対談を読んだ。

ああ、この方のような人生でありたい…と憧れる。



「正義には二面性がある。一方にとっての正義は他方からすれば悪であることも珍しくない。

もしこの世に二面性のない絶対的な正義があるとすれば、

それは、『飢えた人に食料を分け与えることだ。』」

と、やなせさんは語っておられた。



先日の大掃除の時にダンボール箱から出てきたたくさんのアンパンマンのビデオ、
捨てなくって良かった…

ご冥福をお祈りしつつ、久しぶりに鑑賞しよう。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.