FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

冬合宿、そして1年の終わり

⚫️むこう向きのおっとせい その217

冬期合宿が無事終了した。


大きな怪我や病気がなかったことが何よりよかった。



朝から晩まで勉強漬け。


1日10時間、中3生は最後の夜は、徹夜で朝まで勉強。



こんな長時間に渡る勉強にもかかわらず、子どもたちは元気いっぱいで、最後の作文には最高の合宿だったと書くのだ。



疲れた時には、外を眺め、雄大な景色に心を癒され、


仲間と運動場でボールを追いかけ、汗をながし、


友達や先生と心ゆくまで語らう。



もし、心というものに形があるなら、そんな時間の流れが、心を肉づけし、輝きを増させるのではないだろうか。


だからこそ、子どもたちの顔は生き生きと輝くのだと思う。




この合宿が終われば、中3生との付き合いも、あとわずかだなと実感する。



別れるつらさを、今からもう感じてしまって、自分でも困ったものだと思うが、これからが正念場。


感傷にふけるのは後にして、子どもたちにとって、納得のいく結果がでるよう、目一杯付き合っていかねば。



今年も今日でおしまい。


振り返ればいろいろあった。


心の持ちようで、物事の捉え方は変わる。


引越しもしたし、新たな気持ちで新年を迎えよう。



この1年お世話になった方々、ありがとうございました。


よいお年を。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.