FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2013年度実験学校最終会

⚫︎向こうむきのおっとせい その219

先ほど実験学校を終了し、大阪に帰って来た。

今回は2013年度の最終会。


メイン実験はロボット作り。

ラジコンで動く戦車を制作して、バトルをしようというもの。


小学1年から中学3年までの生徒が参加して、ロボットを作った。


かなり高度なものなので、低学年の生徒には難しすぎるかもと思っていたが、予想に反して、子どもたちは実によく頑張った。

もちろん先生の助けを借りる子もいたが、さすが実験学校生。

自分でやろうという意識強く、諦めずに粘り強く最後まで取り組んだ。


随分と時間はかかったけれど、夜には全員完成。


今日はその作った戦車で、バトルをしたが、なんと優勝したのは、小学1年生の女の子だった。


真剣に戦う様子や、勝った時のガッツポーズが随分と可愛いかった。



後で書かせたレポートには、

「難しかったけれど、出来上がった時はとてもうれしかった。頑張ってよかった。」

と何人もの子どもが書いていた。


懸命に取り組んで、それが上手くいき、喜びや達成感を味わう。


そのことが子どもたちに自信を与え、成長させるのだ。


3月から始まる、2014年度実験学校でも、子どもたちにできうる限りの体験の場を与え、子どもたちを刺激していきたいと思っている。


表彰式では彼らの、この1年間の頑張りに対して、表彰状とともに記念品も贈呈した。


最高記録は、小学1年から中2までの8年皆勤。


ものすごい記録である。


その他にも7年、6年と随分長い年月に渡って参加してくれている子どもたちが一杯いる。


こんなに実験学校を好きでいてくれる子どもたちがいる。


その期待に応えられるよう、新年度も頑張らねば。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.