FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

この人はどんな人?

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪


「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」などとよく言われますが、

2014年2回目のブログがもう回ってきたことでそれを感じています。




家からさほど遠くないところに前から気になっていたコロッケ屋さんがあります。

今日、近くに行く用があったのでチャンスと思い、買いに行ってきました。


メニューには普通のコロッケ以外にも、ネギコロッケやジンジャーコロッケなど、
面白そうなコロッケがたくさん並びます。

色々書いてあることに目を通すと、こだわりを持ってコロッケを作っているお店のようでした。


お店の中には店員の女性が1人。

おすすめを尋ねると、まずは普通のコロッケをということだったのでそれに従うことにしました。


手際よく、その店員さんがコロッケを油の中へいれてゆきます。


コロッケが揚がるまでの間、店員さんが話しかけてきました。


お店の商品の特徴や最近の気候の話など、途切れずに話されます。


「よく喋るおばちゃんやなー。」


くらいに思ってあいづちをうっていたのですが、途中から僕の頭に「?」が。



というのも、その方がよその国の悪口のようなことを話され始めたからです。

その方が、その国に対してどのような風に思われてもそれは自由です。

しかし、それをなぜ初対面の僕に伝えるのかが理解できませんでした。




もしも、僕がその国の出身者だったら?

もしも、僕の身内にその国の人がいたら?

もしも、僕の大切な人がその国の人だったら?



きっと悲しい気持ちになることは想像に難くないはずです。



僕が明らかにその国の人だと分かれば、

この店員さんもきっとこんなことは言われなかったでしょう。



上にあげた「もしも〜」を想像できなかったのでしょうね。




目の前の人がどんな人か、全てを知ることはできません。


でも、どんな人か想像してみることはできるのです。




それが目の前の人を大切にする第一歩なのかな。



そんなことをコロッケを食べながら考えていました。 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.