FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

入試直前のアドバイス

森山's Honey Bucket 206

受験の前の 「ちょっとしたアドバイス」

絶対に合格するんだという強い気持ちを持って試験に臨んで下さい!

自分が今まで頑張ってきたことを信じてください。


前夜

☆筆記用具・受験票などの準備は必ず寝る前に済ませましょう!

  上履きが必要な学校は忘れないでください!

☆腕時計はあったほうがいいかも!  

  私立の教室には時計があるところが多いと思いますが、絶対にあるとは限りません。

  腕時計のある人は持って行って損はしないかも。

 ※ただし、計算機能やゲームがついたものはいけません。もちろん携帯電話はNG。


☆筆記用具は複数個用意!

  消しゴムやシャープペンシルは万が一に備えて複数あった方がいいです。

  シャープペンシルの「芯」の予備も忘れずに!作図用コンパスも入れておきましょう。

☆ハンカチ・ティッシュを複数用意!   急に鼻水が・・・ 手のひらの汗が・・・ 
 
 「ある!」というだけで心理的にも落ち着きます。


☆緊急用のメモ書きはあれば安心!

   交通機関の不通や急な体調不良に備えて、受験校の電話番号

 ( 近大付属06‐6722‐1261/ 大阪商大06-6781-3050/ 大阪学院大06-6381-6661/

  大阪産大/06-6939-1491常翔06‐6954‐4435)や

  中学校の電話番号をどこかにメモしておくと、万が一の時安心です。


☆基本、何もせんと寝たらエエ!    もしどうしても勉強したいなら、今までいちばん取り組んできたものを見直すだけでよし!


☆一晩くらい眠れなくても大丈夫!

  一晩くらい眠れなくても、明日は居眠りなんかせん!

  眠れないことを気にしすぎてはかえって眠れないよ!でも今夜のゲームはNG!


試験当日

☆試験開始の2時間半~3時間前には起床しておこう。

☆朝ごはんはしっかり食べよう!

  脳のエネルギーはブドウ糖!ごはんかパンか・・・

  バナナかココアか・・・とにかく何かは食べていこう!

☆緊張は誰でもしますよ。緊張して当たり前!

  有光興記教授(駒澤大学文学部心理学科)によると、適度な緊張状態があった方が
 
  パフォーマンスは良くなるらしい。

  だから、緊張することにあまり神経質にならないことだ。(この部分、学園長のブログから拝借)


  とは言っても、めちゃくちゃ緊張しすぎている人は、心が和むものを思い出しましょう。

 
   例えば 下の美少年の顔を朝に見てみよう!



asahi.jpg asahi.jpg



 それでもまだあかん人、緊張が取れん人は 特効薬 「ヒゲ薬」 飲んでから出発だ!

☆時間には余裕をもって出発しよう。

   電車の人・・・ラッシュはキツイよ

☆公共の交通機関を利用することをすすめます。

   万が一の事態でも延着証明などが出るし、堂々としていられます。

☆防寒対策は重ね着で!
   インナーに着込むと試験中に脱げません。試験会場は結構暖かいところ多いので、暑い場合

   に脱げるよう重ね着がおすすめ。

☆ 会場に着いたら・・・

   たえず手を擦って暖め、全身の血流をよくしておこう。脳のためにも緊張緩和にも効果大!

   ゆっくりゆっくり、心のなかで数を数えるのもいいそうですよ。

☆ トイレには行っておこう!

    試験が始まれば、問題だけに集中しよう。

☆基本的と思える問題ほど配点は高い!と覚えておくこと。



  普段何無く解いているレベルの問題こそきっちり解きましょう。


  集団から大きく離れなければ必ず合格できます! 


  競争倍率にだまされてはいけません!

☆『今ある自分の力を精一杯発揮しよう。』


 
  できないものは仕方がない。

  普段わからん問題が入試の日だけ突然スラスラ解けた!なんて話はない!

  できると思える問題に、全力で向き合おう


☆最後の1分1秒まで決して諦めず、粘って粘って問題に取り組もう。

☆教科の失敗を次の科目に引きずらないこと。

  すんだことはしかたない。きっぱり次に集中しましょう。

☆試験直後に友だちと答え合わせするのはやめておこう!  

  「簡単やったな!」なんて自慢してくる奴は無視して、トイレに行こう。





後日

☆合否の結果は必ず知らせてください。

  吉報を待っていますが、駄目だった時も必ず結果を知らせてください。

  保護者の方→学校の先生→そのあと、の順序で結構ですから必ず連絡してください。

  待っています。

  上本町教室 06 6767 7574     森山の携帯090 8208 6878

  (授業中や移動中ですぐに電話に出られない時があるかもしれませんが、

  留守電にメッセージを残してください。必ず折り返し☎します。)


今後

☆公立校受験者はもとより、私立専願で合格を果たされた方も、

 中学生としての仕事(勉強)を全てやり終えたわけではありません


  学園の卒業を迎えられるその日までしっかり通ってきてください。

  (専願合格者は高校からの宿題を持ってきて構いません。)



 では、がんばっていってきてください!!

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.