FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

真価

●むこう向きのおっとせい その225
 

木曜日、大阪公立高校の前期入試があった。


学園では、例年入試を受ける生徒のもとに、励ましの「力餅」を持っていく。


45年続く学園の伝統だ。


最近は多くの塾の先生が校門前に立って、生徒を応援しにくるようになった。


まぁそれはいいことだと思うのだが、
旗を立てたり、腕章を巻いたり、
これみよがしに自塾をアピールするする人たちがいるのは、いかがなものかと思う。

何かが違っている。



入試前日、朝早いので早くに寝ないといけないのに、

浅田真央のショートプログラムの演技を見てしまった。



血の滲むような練習をしてもなお、メンタルなものは鍛えきれないのか。



自分だけのことでなく、多くの人の期待を一身に背負っているプレッシャーは、
計り知れないものだったのだろうなと、呆然とする浅田真央の姿を見て、
やるせない気持ちになった。


わが中3生は、浅田真央と比較するべくもないが、
プレッシャーに負けずに、テストを無事に終えて欲しいと祈りつつ、
テスト会場に向かった。



翌日、浅田真央は会心の滑りを見せた。


何という精神力だろう。


演技終了直後、天を仰ぎ、涙を流すその姿には思わず涙した。


前日の失敗から見事に立ち直って、拍手喝采を浴びる姿を見て、
こんな見事なドラマはそうそう無いだろうなと思った。


後のコメントを聞いていて、もし演技が上手くいってなかったとしても、
この人は立ち直っていくだろうとの思いを強くした。


うまくいかない時は誰にもある。

その時どう考え、行動するか。

その時こそ、真価が問われるのだ。




木曜日、前期テストの発表がある。

どんな結果が出るにしろ、しっかりと受け止めて、前に進んで欲しいと願う。


ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.