FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

世の中には

●むこう向きのおっとせい その226

年末に本部校の入口に、「もう読んだ本なので、寄贈します。」というメッセージと共に
20冊くらいの本が置かれていた。


遺伝やDNA、ミトコンドリア等、生物に関する本が中心で、その他には
放射線や電気の説明など興味を引くものばかりだった。


その中に、「体にいい寄生虫」(藤田紘一郎)というのを見つけた。


以前にNHKの「ようこそ先輩」という番組で、
この先生が出ていたのを見たこともあり、読んでみることにした。


これはめちゃくちゃに面白かった。


この先生は、とにかく寄生虫を心から愛しているのだ。


愛するあまり、寄生虫にヒロミちゃん、サトミちゃんと名前までつけて、
自分の体を使って人体実験までする。ある意味変態である。



「日本人は寄生虫を気味悪いものとして、体外に押し出してしまった。

その結果、花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー病で苦しむことになった。」



ということで、寄生虫がそれを解決する可能性があると書いてあった。


そういえば、自分の友達に花粉症やアトピーの人はいないなと思った。


子供の頃には、我々のお腹には大概回虫がいたのだろう。


検便で検査に引っかかると、苦い虫下しを飲まされたものだ。



その寄生虫がアレルギーを抑えていたとなると、
昔は寄生虫と人がうまく共生していたということか。



大真面目に、あまり人のしないことに情熱を注いでいる姿や
所々に掲載されている気持ちの悪い写真とともに、
ユーモアたっぷりの文を読んで、
このところストレスが溜まりすぎていたのが、ちょっと楽しい気分になった。



それにしても、これらの本を寄贈してくれた人はどんな人なんだろう。



世の中には不思議な人がいっぱいいる。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.