FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

オリジナル

●むこう向きのおっとせい その227

昨日、卒業式で演奏するための、バンド練習があった。


私は、ここ2年、「カントリーロード」ともう一曲歌わせてもらっている。

昨年と一昨年は「斉藤和義」の曲を歌った。


今年はどうしようかと思ったとき、
大昔にやったことのあるオリジナル曲が頭に浮かんだ。


もうかれこれうん十年前に作った曲だ。


曲名は「時は流れても」。


卒業式でオリジナル曲をやろうということになって、
私と15期生の佐々木君が歌詞を作り、19期生の大東君が作曲することになった。


佐々木君も大東くんも学園卒業生で作った「蒐英(しゅうえい)バンド」の面々だった。
(蒐英バンドについてはまた別の機会に書くとしよう)


歌詞は二人のフレーズを合体させて作った。


うん、うん唸りながら作ったのだが、結局1番しか出来なかった。


曲の方は、なかなかいい感じの出来だった。


何度かの練習の後、卒業式で披露した。


1番しかないので1番を繰り返して歌った。


評判は悪くなかったと思うのだが、何故かその後、卒業式で歌うことはなかった。



今年は特別の思い入れのある卒業式なので、この曲を復活させたいと思って、
Yに言ったら、歌って送れと言うので送ってみた。


そしたら「いい曲ですね。ぜひやりましょう。」と言ってくれたので、やることにした。


1番しかないのが寂しいので、2番を作ると言ったものの、なかなか言葉が浮かばず、最終練習の昨日、どうしたものかと思っていたら、急に歌詞が舞い降りてきた。


何と3番まで出来てしまった。


練習場に行って、Yにそのことを言ったら、「3番まである?!覚えられへんやん。もうええって。」と非難めいたことを言うので、無視する。


曲の方はこれまた蒐英バンドのメンバーである24期の橋詰君がアレンジしてくれた。


そしていざ歌ってみると、ピアノのなりちゃんの前奏、ケンちゃんのベース、池畑先生のドラム、橋詰君のギターに、Yのハモリが抜群のハーモニーを醸し出し、とってもいい曲に出来上がった。(と思う)(自画自賛)


ただ卒業式の時に、最近とみに涙腺の緩んでいるこのボーカリストが、最後まで歌えるのかが、懸念材料ではある。



ではまた。

Newest

Comment

さおり #kzHgZJAo

せんせーい(*^_^*)

2014/03/16 (Sun) 22:22 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.