FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

青々とした緑

●むこう向きのおっとせい その238

5月23日はヒゲ先生の誕生日だった。


久しぶりにお墓参りをした。



昨日は、島根にあった、ヒゲ先生のお母さんの遺骨をヒゲ先生のお墓に入れた。

ヒゲ先生もきっと喜んでいることだろう。



ヒゲ先生は生きていれば88歳。米寿だ。


「小生は皇寿まで生きる。」と言っていたことを思い出す。



ヒゲ先生のお墓のある生駒山は、新緑に溢れ、とても綺麗だった。


木々の若葉を見ていると、これからの期待感に満ちていて、

なんだか元気をもらえる気がする。




このブログを書くときに、「青々とした緑」と書きそうになったのだが、

「青々とした緑」て、何だろうと思ったので調べてみた。



「緑」を強調するために「青々」とつけてるのかと思いきや、さにあらず。


上代に色の名前は「赤」「青」「白」「黒」の4色しかなく、


赤:明るい、青:漠(あお)い、白:顕(しる)く、黒:暗い


という関係だったらしい。


上代では、「青」ははっきりしない色の総称で、

「緑」は、色を表しているのではなく、

「若々しい木々や、芽のようなもの」を表すものだったようだ。



そうすると、「青々とした緑」や「みどり児」「みどりの黒髪」という表現も理解できる。



「青春」の「青」もそうか。

希望に満ちている反面、曖昧模糊として、不安にさいなまれた時期。


人の生涯のうちいちばん美しくあるべき青春の季節は、
おのずから最も生きるにむつかしい季節。
                             伊藤整 青春


「青春」

振り返ってみると、赤面することばかり。

でもいい季節だった。


もうとっくに「青春」という時期は遠くに行ってしまったけれど、


青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言う。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失う時に初めて老いがくる。
                            サミュエル・ウルマン 青春


の言葉に励まされ、もうちょっと頑張ってみよう。


ではまた。

Newest

Comment

中山健司 #-

ご無沙汰しています。

真也先生
ご無沙汰しております。
元若江岩田校の中山健司です。
当時、色々とお世話になったのにお礼もせず申し訳ありません。
ひげ先生はじめ、藤原学園で学んだ事は今も生きています。
ひげ先生のひげでのスキンシップ懐かしいです。
また機会がありましたら、学園に寄らせて下さい。
よろしくお願い致します。


2014/05/26 (Mon) 18:40 | URL | 編集 | 返信 | 

藤原学園実験教育研究所 #-

Re: ご無沙汰しています。

中山くん、久しぶりです。

コメントをもらって、ほんとに嬉しかったです。
ヒゲ先生はこの世を去ってしまいましたが、
ヒゲ先生の意思をついで、日夜生徒相手に格闘しています。
ぜひまたお会いして、昔の話に花を咲かせたいものです。
私は水曜日と金曜日以外は若江教室にいますので、
もしご都合が付くときにはいらしてください。
その日の来ることを楽しみにしています。

2014/05/26 (Mon) 23:06 | URL | 編集 | 返信 | 

中山健司 #-

真也先生
覚えて頂きまして光栄です。
ありがとうございます。
もう43歳になります^^;
是非ともお伺いさせて頂きたいと思いますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

2014/06/06 (Fri) 17:17 | URL | 編集 | 返信 | 

藤原学園実験教育研究所 #-

Re: タイトルなし

健司君も43歳ですか。
そりゃあ、私も年取るはずです。

はい。是非ともお会いしたいです。

2014/06/10 (Tue) 01:27 | URL | 編集 | 返信 | 

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.