FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

4年目に思うこと

こんばんは。
CY(コンパクトヤスミ)です!








最近暑くなってきましたねー(*_*)
急に気温が上がってきたので、体調管理には気をつけましょう!

この時期でも熱中症はありますよ!








さて、今日は授業について4年間やってきた中で思うことを書きたいと思います。











幸せなことに、4年間自分のクラスを持たせてもらい、授業をさせてもらっています。










最初の頃は、右も左もわからず
専任の先生方や、周りの方々にたくさんアドバイスを頂いたりして自分なりにやっていました。











しかし、簡単には行くわけがありません。
何が1番良い授業なのか、どうすれば限られた時間の中でたくさんの学びを提供できるのか。









今まで考えてきた中で、この二つが大事なんじゃないかなあと思いました。












一つは、当たり前のことですが、授業の準備です。









準備をしていないと、こちらがバタバタしてしまい、子どもたちに使ってあげられる時間が少なくなってしまいます。
また、行き当たりばったりの授業では
伝えたいことを伝えきれないと思うからです。








二つめは、たくさんのチャンスを用意することです。











授業と聞くと、基本的にテキストを進んで行くイメージがありますよね?

しかし、それだけでは多様化してきている受験問題には対応できませんし、問題数も圧倒的に少ないです。









そこで、学習の機会をたくさん用意することにしました。









テキストの中の問題や、プリント、また単語帳などなど、学園にいない間も自分で出来ることをたくさん子どもたちに与えてあげるのです。







そうすることで、学習の範囲が広がりより良い学びにつながるのかなあと感じています。









4年目とはいえ、まだまだ未熟者の僕ですのでこれからもたくさん試行錯誤をしながらより良い学びを求めたいと思います。








皆さんには、一つだけわかって欲しいことがあります。








先生方は、本当にたくさんの授業の準備を一生懸命してくれています。

その授業を受けにくるのですから、どんな態度で、どんな気持ちで受けるかは考えれば分かりますよね?







きっと皆さんならできると思いますよ。
一緒に頑張りましょう!!








今日は授業についての僕の考え方を書かせて頂きました。

最後までお読み頂いてありがとうございました。









ではまた、来週金曜日に…

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.