FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

あじさい

森山’s Honey Bucket 213  

あじさい 

アジサイの花が咲いた。

梅雨入りのこの時期、決まって可憐な花をつける。

何年か前の母の日にプレゼントした小さな鉢植えがしっかりと育ってくれた。

いや、母の愛情がこの木を育てた。


しかしこの木の生長を見守り、開花をいちばん楽しみにしていた母はいなくなった。

遺影の母を抱かえて一緒にアジサイを見た。

「今年もきれいに咲いたで・・・」



自分はもうすっかりいい年のおっさんだ。

後頭部の地肌があらわになり、遠慮ない小学生から「先生、禿げてきたやん!」の砲火を浴びる。


でも、幾つになっても、僕にとってお母ちゃんはお母ちゃんだ。

さみしさは、なかなか拭えない。



目の前の世界では、「たいせつな存在」は、いつか、「たいせつだった存在」になる。

しかし、心の中では、「かけがえのないもの」は、いつまでも、「かけがえのないもの」としてあり続ける。



あのとき、ああしていればよかった・・・

と悔やむことのない接し方をしなくちゃ。

日々自分を支えてくれている家族やまわりの仲間(諸先輩には失礼な表現)

そしていっぱいの元気をくれる子どもたち・・・に対しては、そうしていきたい。



  一身上の理由から、ブログを更新できないトンネルに潜っておりましたが、
  このたびひょっこり出てまいりました。

  今朝からは、大阪桐蔭中の皆さんとの理科実験合宿が始まります。
  出来ることしか出来ませんが、いっちょ頑張ります。

























Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.