FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

7月実験学校

●むこう向きのおっとせい その246

実験学校が無事終了。


今回は共通実験としての「太陽の研究」の授業を担当した。


何をしようかと悩んだが、

「ソーラークッカー」を作って、「ゆで卵」作りをメインにすることにした。


まずは太陽のプロフィールということで、太陽について説明する。


109個もの地球が、太陽の直径に並ぶとか、

太陽までは、自転車で570年、歩いて行くと2000年と話すと、

子どもたちは驚きの声を上げる。


ひとしきり太陽の説明をしたあと、「ソーラークッカー」作りに挑戦。


最初、一から作ることも考えたが、

小さい子もいるので組立式のものを購入することにした。


我々としても初めての事なので、ワクワクである。


夜の間に工作を完成させて、

今日の昼に日本庭園にセットして、ゆで卵作りに挑戦した。


出来上がるまで、子どもたちは二つの実験に取り組む。


そして、いよいよそれぞれの卵を取り出す時が来る。


30分前に自分の作ったものを試しに開けてみたが、
ドロっとした状態で、まだ固まっていなかったので、
うまくできているか、かなり不安だった。


子どもたちが置いてから、曇っていたのも不安材料だった。



「ではみんな開けてみよう!」と声をかけて、みんな自分の卵の殻をわり始める。


卵は予想以上に熱くなっていた。


「先生、出来てる!」とそこかしこで、子どもたちの声が響く。


ゆで卵は見事に出来上がっていた。




お湯の中につけたら、5分ほどでできるものを、2時間かけて作る。


なんかそういう時間の流れがとてもよかった。


ソーラークッカーを使うことで、
生活や自然への考え方が変わるかもしれない、
なんて、実験を終えてから思った。



ではまた。

s-ソーラークッカー
s-ゆで卵1
s-ゆで卵2
s-ゆで卵3

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.