FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

合宿が続く

●むこう向きのおっとせい その248

7月29日から31日に育英西中学立命館コースの合宿、
続いて8月1・2日に常翔啓光学園サイエンスクラブの合宿があった。


育英西の合宿については、森山先生が書いておられた通り、
子どもたちの反応は最高だった。


どの実験も真剣に、かつ楽しんで取り組んでいるのが伝わってきた。


この楽しそうというのがいい。


天体観測も、今までなかなか天候に恵まれなかったが、今回は見事に晴れて、
春の大曲線、夏の大三角、天の川、さそり座、射手座、土星、火星と観測することが出来た。


レーザー光線を使って星座を説明するたびに、歓声を上げる子どもたちが可愛かった。


中学2年の女の子という、私の経験の中では、最も扱いにくい年頃の子達が、
素直に、こんなおじさんの相手をしてくれたのも嬉しいことではあった。


いい出会いができたと思う。




常翔啓光学園のサイエンスクラブは去年に引き続き、2年連続での合宿だった。

毎年場所を変えて合宿されているようなのだが、
去年来た子達がもう一度と行きたいと言ったみたいで、嬉しいことに、
今年も「星くずの村」に来てくれた。

あいにくの雨だったが、サイエンスクラブの面々はそう簡単には引き下がらない。


海ホタルの観察も、釣りも、雨の中、強行した。


雨中で見る海ホタルはとても綺麗だった。


雨に濡れながらの釣りはなかなかの釣果だった。


残念ながらメインのロケット打ち上げは、あまりにも激しく雨が降っていたので、
断念せざるを得なかった。


そこで、大阪に帰ってから、常翔啓光学園におじゃまして、打ち上げることにした。


今までそんな経験はないので、それはそれで楽しみではある。


さてどんなことになるのやら。





昨日からは弟の主催する「あずき王国 英語村」の合宿が始まった。


昨今の英語ブームで、大変な人気である。


1週間という長丁場の合宿なので何かと大変だと思うが、とにかく事故のないよう、
無事に終えられることを願っておこう。


それにしてもよく雨が降る。


四国では雨量が72時間で1000ミリを超えたらしい。

平に降り積もって1mということだから、信じられないほどの雨の量だ。



アウトドアの行事だらけの夏合宿には、雨は大敵だ。



雨雲をぶっ飛ばすロケットでもあればいいのになぁ。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.