FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

常翔啓光学園 サイエンスクラブ

●むこう向きのおっとせい その252

昨日は常翔啓光学園にロケットの打ち上げに行ってきた。


夏にサイエンスクラブが、合宿に来た時に、
雨のために打ち上げられなかったので、
学校におじゃまして打ち上げることにしたのだ。


学園はちょうど文化祭の最中で、大勢の人がいた。


打ち上げは3時からだったのだが、
その前にサイエンスクラブの発表を見てやって欲しいと、
担当の堀内先生から言って頂いていたので、早めに行くことにした。


この夏に一緒に実験した生徒たち、昨年に島に来ていた生徒たちと久しぶりの再会。


相変わらず穏やかで、明るい生徒たちだ。


生徒たちの発表のテーマは「音」


司会の女の子が一生懸命に話しているのがいい。


オープニングはフラッシュペーパーを使った「手品」。


つかみはバッチリである。


その後、いろいろな糸電話を作っての実験。


随分頑張って準備したのだろうと思う。


風船や傘ブクロを使った実験は面白かった。



実験終了後、いよいよグランドでロケットの打ち上げ。


風が少しあるのが気がかりだったが、
一人目のロケットをセットして、テンカウント開始。


ロケットは「シュッ!」という音を立てて大空に飛びだした。


パラシュートがうまく開かなかったが、打ち上げは成功だ。


次々にロケットは打ち上げられた。


昨年打ち上げた時に、ロケットが地面に突き刺さるという、
レアな着陸をしたH君のロケットは、今年も頭から落ちてきた。


恐らく昨年のグランドなら、またまた地面に突き刺さっていただろう。


彼は回収したそのロケットを、見学に来ていた子どもにあげていた。


もらった子どもはとても喜んでいた。心優しい少年だ。



明るく、好奇心に満ちた生徒たち、指導される先生、
(先生と生徒の関係もとてもいい感じだ。)
そして休みにもかかわらず、ともに参加してくれた我がスタッフ
(林先生、池畑先生、けんちゃん、なりちゃん)
と共に、夏の最後を飾るにふさわしい、素敵な時間を過ごすことが出来た。



今日から気持ちも新たに、新学期を迎えよう。




ではまた。

s-常翔1

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.