FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

台風19号

●むこう向きのおっとせい その258

今月曜日の夕方6時。


間もなく台風19号が大阪に接近する。


雨はまだそんなに降っていないが、風は随分きつくなってきた。


本来なら今頃実験学校からの帰りで、もうすぐ難波に着く頃である。


それが台風のために中止になった。


8月に続き、まるで狙われたように台風がやって来る。


自然のなすことだから仕方ないとは思うのだが、ちょっと恨めしい気がする。



この台風19号は発生当時、中心付近の気圧は900ヘクトパスカル、
最大瞬間風速は85メートルという超巨大な台風だった。


風速何メートルという場合は、10分間の平均風速で、
瞬間最大風速は3秒平均の速さを指す。


一般的に、瞬間最大風速は平均風速の1.5倍から2倍近い値になるそうだ。


風速10メートルで傘がさせなくなり強風注意報が発表される。

20メートルで電線が鳴り始め、30メートルでは何かにつかまっていないと立っていられなくなる。

50メートルでは多くの樹木が倒れ、60メートルでは木造住宅の倒壊が始まったり、
鉄骨構造物が変形したりする。

風速80mとなると、ものが弾丸のように飛ぶらしい。


去年フィリピンに多大な被害を与えた台風30号の風速は、米軍合同台風警戒センターによると最大瞬間風速が秒速105メートルだったとのこと。

時速に換算すると378キロメートルで新幹線より速いことになる。


竜巻で有名な藤田スケールではF4(93~116m/s)にあたり、

住家がバラバラになってあたりに飛散し、弱い非住家は跡形なく吹き飛ばされてしまう。鉄骨づくりでもペシャンコ。列車が吹き飛ばされ、自動車は何十メートルも空中飛行する。1 トン以上もある物体が降ってきて、危険この上もない。

とのこと。


なんとも想像を絶する世界だ。


やはり自然の持つエネルギーは凄まじい。


今回の台風で、大きな被害がないことを祈っておこう。


ではまた。

s-台風19号
(台風19号の目)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.