FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

人を動かす

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです★
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


今年も行ってきました。


暦の上ではもうすぐ冬を迎えるこの時期に行われるイベント。




そう、冬といえば!





花火





です。






「えっ?花火は夏でしょ?」




そう思った、アナタ!




去年の僕のブログ読んでないですね(笑)





はい、日本三景の天橋立で行われる「ふゆ花火」です。




花火が打ち上げられる前の夕陽も思いっきり美しく、既に感動しまくりの僕。



しかし、岸からそう遠くない海上から打ち上げられる2000発の花火はそれ以上の美しさ。



澄んだ空気のおかげもあってか、花火が頭上に降ってくるのではないかと思われるほどでした。




花火が上がっているのは30分間にも満たないほどの僅かな時間。


そのために約3時間をかけて行くわけです。


もちろん、帰りも3時間。


しかも、移動のためにお金だってかかります。







時間もお金も使ってまで、なぜ花火を観に行くのでしょう?








きっと、そこに「感動」があるからだと僕は思うのです。





去年の「ふゆ花火」を観たとき、必ず来年も観に来ようと決めました。







「感動」とは「感じて動く」と書きます。



人は何かを感じるからこそ、動き始めるのです。




「理動」という言葉はありません。



理屈では人は動かないのですね。






先日、「先輩を囲む会」という行事が学園で行われました。


受験を控えた中3生のために、高校1年生が自身の経験・体験を伝えるという学園伝統の行事です。



たった1つしか歳は違わないのに、後輩のために一生懸命に話しをしてくれる姿は、それだけでも心を動かすものがあります。



そこできっと何かを感じてくれたのでしょう。


動き始めた中3生の姿が見られるようになりました。





人にものを教えることはできない。
みずから気づく手助けができるだけだ。
(ガリレオ・ガリレイ : イタリアの物理学者・天文学者・哲学者) 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.