FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2014年度最終回実験学校

●むこう向きのおっとせい その271

先ほど実験学校から帰ってきた。


今回は平成26年度実験学校の最終回で、メイン実験テーマは「ロボット作成」。


開講式の後、早速ロボット作りに挑戦。


ロボットは7つに姿を変える、トランスフォーマーのようなロボットで、
電池でもソーラー電池でも動くという優れもの。


かなり難しいと思うのだが、先生の指導の元、
子どもたちは驚く速さで作っていった。


早く出来た子は、自分独自のロボットまで作った。


考えるよりはまずはやってみる、そしてダメならまたやり直す。


大人はついつい考えすぎて手が止まるが、子どもたちの手は動き続ける。


生き生きと夢中になっている姿を見ていると、子どもはすごいなと思う。



ロボット作成の後は天体観測をした。


非常に寒かったが、美しい星空が広がり、冬の星座を堪能した。


二日目は日の出を見に行ったが、これは残念ながら雲が多くて見ることができなかった。


その後、サツマイモを焼き、餅つきをする。


そして最後は表彰式。


この1年実験学校に頑張って来てくれた子どもたちに、
表彰状と低学年は科学工作物、高学年は岩石標本という記念品を授与した。



低学年の子どもたちの中には、もらってすぐに作りだす子もいる。


好奇心旺盛、そしてすぐに行動。これが実験学校生だ。



今年はこれで終わるが、来年度もこんな子どもたちの意欲に応えられるよう、
また、子どもたちがワクワクとした時間を持てるよう、新しい企画を考えていきたい。



話は変わるが、最近子どもたちに「シンシン」と呼ばれるようになった。


森山先生は「モリモリ」


「シンシン」と「モリモリ」.


まるでパンダだ。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.