FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

大詰め

森山's Honey Bucket 247


受験高校をどこに決着すべきか…その判断はいったいだれがするのか?


勿論受験生本人だ。

その意志は絶対であり、無条件で尊重されるべきものだ。


と、承知している…



だが


この子たちを泣かせたくない、「合格した!」と喜ぶ笑顔を見たい…と


出願校の再考を促すときがある。





データ(実力と内申)を片手に


「なかなか厳しいで。」


「合格できる確率より、不合格になる確率の方が高いで…」


「より安全な受験校に選択変更したが、後々その選択をして良かった…と語る先輩も何人もいはったよ…」


「君が理想としている環境は別の場所にもあるのでは?」


「もう一回考えたら?」


と、本人の気持ちとは裏腹な言葉を連発することがある。




合否を単に数字面から分析するだけであれば機械だってする。


僕らの仕事は数字の分析だけではない。


子どもの気持ちを応援するのが

この仕事の目的のひとつだ。



でも同時に、価値観を固定せず

選択の幅を広げることも人生には必要だ・・・

と、気づいてもらうのもまた仕事のひとつだ。



このところ毎日


「今日のきみは?」


と尋ねては


子どもとともに悩む日々である。


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.