FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

胸を張ろう

●むこう向きのおっとせい その281

今日は公立高校後期入試の発表の日だった。


久しぶりに合格発表に立ち会った。


H高校に着いたのは9時50分。


校庭にはたくさんの受験生や親御さんが緊張の面持ちで発表の瞬間を待っている。


私の側にいた3人グループの験生たちの話し声が聞こえてくる。


その内の二人は「緊張してる?」「俺今はましやけど、昨日はやばかった。心臓がばくばく言うて、寝られへんかった。」「俺もや。お腹のあたりがもぞもぞして気持ち悪かった。」と話している。もう一人は、二人の会話には入らないで黙りこんでいた。


待機していた先生の手によって、10時きっかりに受験番号が掲示された。


あちこちで歓声と悲鳴が上がる。


先ほどの心臓バクバク少年は、「俺の番号あった!番号あった!」と叫んでいる。


もうひとりのお腹もぞもぞ少年も「俺もある!」と満面の笑みを浮かべる。


その横で、先ほど一人黙っていた少年が唇を噛んでいた。


私は生徒の番号を確認してすぐに校門に向かった。


すると後ろから、「お母さんダメやった。番号なかった。」と、家に電話をしている女の子の声が聞こえてきた。


思わず後ろを振り返って見たら、女の子は涙を流しながら携帯を握りしめていた。



学園生の結果も出揃った。


全員合格とならなかった。


やはり涙をのんだ生徒もいた。


この日のために、みんな懸命に頑張ってきたけれど、それが結果として出なかった。


そんな彼、彼女らの気持ちを思うとたまらないものがある。


早く立ち直ってくれることを願うばかりだ。





涙をのんだ君たちへ


頑張ってもうまくいかないときはある。


でも頑張った時間は無駄にはならない。


今回はうまくいかなかったけれど、頑張った時に得たものは、
君たちの中に確実に残っている。


落ち込むことはない。


全力を出した上での結果ならば、堂々と胸を張ればいい。


前向きな気持ちや姿勢を持って、次のステージに向かって行こう。


そうしていれば、いつか別の形で報われる日がきっと来る。


みんな、元気を出して、頑張れ!




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.