FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

心より感謝

●むこう向きのおっとせい その282

28日~30日にかけて学園の春合宿があった。


現役の中学生は英語、小学生は算数を中心の勉強合宿。


そして高1生は最後の合宿となる卒業旅行。


入試から解放され、最も自由な時を、彼らの大好きな「星くずの村」で、
仲間や先生たちと思う存分時間を共有する。


何をするのかは全くの自由で、自分たちで行動計画を作って、行動する。


自転車で島内を走る。運動場でサッカーをする。醤油アイスを食べるために、遠くまで買いに出かける。バーベキューをする。肝試しをする、夜中まで卓球をする。夜を徹して語り合う、などなど。


子どもたちは思い思いに自分たちの時間を過ごした。



肝試しはヤンキーに絡まれて途中で中断したらしい。


自転車では一人こけたらしい。


途中で仲間われをして、不穏な空気が流れたグループがあったらしい。



合宿だからやはりハプニングは当然ある。



しかしながらそんなものは、軽く乗り越えて彼らは実に楽しく、
のびのびと時間を過ごした。



そんな彼らの面倒を見てくれたのが、
この春から社会に巣立たれる、3人の助手の先生たちだった。


ちかちゃん、山中ちゃん、やすみちゃん。


いずれの人も、生徒からの信頼は抜群で、子どもたちから大変慕われている。


彼らは子どもたちの思い出作りのために、ご飯を食べる時間もないほど、
実に献身的に働いてくれた。


見ていて感動的だった。


3人にとっても、長年慣れ親しんできた「星くずの村」での最後の合宿。


それぞれに万感の思いがあっただろうことは想像に難くない。


だからこそ、子どもたちとの時間を惜しむように、精一杯接したのだろうと思う。





今まで本当にありがとう。


心より感謝します。


どんな時も、真剣に向き合っていく君たちだから、
どこに行っても大丈夫。


自信を持って次のステージに進んでください。


3人のこれからの活躍を祈念しています。


そして、時には学園を訪ねてくださいね。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.