FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

蛍石

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合いください♪

もうすぐ暦の上では夏が訪れます。
もうすでに夏が到来したかのような暑い日が続きますね。


今回の実験学校で「光る岩石の観察」という授業を担当させていただきました。


蛍光鉱物を含む岩石に紫外線を照射し、その発光を観察。

そして、メインの実験観察は「蛍石」を発光させて観察すること。


蛍石に光を放たせるためには加熱が必要です。

今回は試験管の中に小さくした蛍石を入れ、ガスバーナーで加熱をしました。

もちろん、安全対策をして。


加熱された蛍石は試験管の中でパチパチと音をたてながら砕け始めます。


この音が発光の合図。


部屋の電灯を消して真っ暗にします。


すると、決して強くはないのですが、美しい青い光を見ることができます。




蛍石を発光させるには加熱が必要だと書きました。


「熱」という周りからの刺激を受けて蛍石は輝くことができるのです。



以前、人間には3つのタイプの人がいると教えてもらったことがあります。


1.自燃性

2.可燃性

3.不燃性



1は自ら目標・目的を持ち行動するタイプの人ですね。

理想的な人ですが、多くはありません。


3は自ら動かないのはもちろん、周りからも影響を受けずやる気のでない人。

少ないですが、こんな人もいるらしいです。



最も多いのは2のタイプ。

これは蛍石タイプです。


人の話を聞いたり、本を読んだり、何か周りからの刺激を受けると行動を始める人ですね。


そしてまたしばらくすると、やる気がなくなってくる。


そのときはまた刺激を受けて、やる気復活!


そんなタイプの人、多くないですか?



僕自身もきっとそうです。

でも、自分でそれを自覚しています。

だから、刺激を受けられる環境に身を置くのです。


そして、それを続けることで、やがて1のタイプになれると思っています。




さて、少し長いお休みに入りますね。

是非、刺激的なGWに!

th_IMGP2175_original.jpg 

人生をよりよく生きるためには、いつもよりよく生きようと思わなければなりません。
そして、そのためには何が自分に必要なのかを考えなければなりません。
(稲盛和夫 : 京セラ創業者)

 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.