FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

Nothing to write

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


暑い暑い夏の訪れ前の、嵐の前の静けさか。
あまりにも涼しく心地よい風が吹き抜けます。



相変わらずブログの更新が遅れていてごめんなさい。


もちろん忘れているわけではないのです。


今回は珍しく本当にネタが思いつかなくて(苦笑



昔もなんだかこんなことがあったぞ!?


と思い出したのは中学3年生のときのお話。






藤原学園での国語の授業。


当時の担当はHやし先生。


その日は作文演習でした。





そのときは題も自分で考えて作文を書くというものだったのですが、作文が苦手だった僕はその題すら思いつかない状態。


うんうん悩むも何も出てこない。


でも、書かないと帰ることもできない。



悩んだ挙句、ふと思いつきました。








書くことがないということを書いてみよう!








今思えば、完璧にアホです。


ですが、当時の僕にとっては画期的なアイデア。



「作文に書くことがない。」


から始まり、書くことがなくて困っているということを中心につらつらと文章を書きました。






どんな終わり方をしたのか全く覚えていませんが、とりあえず400字を埋めたことは覚えています。





我ながら面白い観点で書けたと、自信満々にHやし先生に作文を提出。




























「こんなものは作文ではない。」















どんな名刀をも凌ぐ切れ味の一言でした。




僕の画期的なアイデアはたった1秒で敗れ去ることに。





結局、その後書き直す羽目なります。






きっと今、自分の生徒が同じ作文を書いてきたら、Hやし先生と同じことを言うでしょうね。





約20年前から成長していないあっくんがお届けしました。 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.