FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

詰め

森山's Honey Bucket 162

小学生の算・国の授業中、子どもたち各自がテキスト1ページを終えるごとに、

前や後ろや横にいる先生の所へ行って、丸付けをしてもらったり質問をしたりする時間を設けている。


その時間は子どもと先生が1対1で向き合える時間だから、

丸付けひとつをとってもできる限りドラマチックにしたいと心掛けている。


正解があれば「正〜解〜!」

不正解ならば「ちんころりん!」とか「ブブー」とか「残〜念〜」ってな具合に・・・

満点なら「やった!」ほめまくり、優ちゃんマークをバーンと押すし、

不理解だと思えたら、横に座らせて一緒に解き直しもする。


要は、一所懸命問題に取り組んできた子たちの努力に報いたい、そんな思いだ。


そんなやり取りをする中で面白い?子がいる。

1問目から順調に正解を重ねていくのに、

必ず決まって 最後の1問だけ間違える・・・って子だ。


実況丸付けは

「正解、正解、正解、正解・・・・あああ〜、最後だけチ〜ン」

間違いはたいていちょっとしたミス。本人も悔しい思いはずだ・・・が治らない。


「もうこれで終わりや。」

最後の1問には、心を油断させる魔力があるのか?


そういえば 僕は遠い昔、

小学校から下校中、必死で我慢していたウ○コを、家が見えた瞬間ホットして全部ちびった・・・という苦い経験が有る。


油断禁物!詰めを怠るなけれ!

僕の経験談を次の授業で彼にそっと耳打ちしよう。










Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.