FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ピンチの意味

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪

長く降る雨も秋のしるしでしょうか。
良い風の日が続きます。


仕事柄、一般的な人たちと生活リズムが異なります。

なので困るのは中々友人たちとのタイミングが合わないこと。

逆に、混雑するような所でも比較的空いているタイミングで行くことができるのは良い点です。


卑近な例で言えば映画ですね。


人気の映画であっても、平日の午前中に行けばガラガラです。

しかも朝一番だとちょっと安くてお得。

というわけで、映画を見てきました。



始まって間もなくピンチに陥る主人公。

なんとか切り抜けたかと思えば、また次のピンチ。

何度も何度も「もうあかん」というところまで追い込まれる。

その度に、自分自身の力を振り絞ったり、人の助けを借りたりしながら生き抜く。

そして物語はグッドエンディングへ。


まぁ、よくあるパターンです。



映画館で見ると特に臨場感があるので、ピンチに陥る主人公を見る度にハラハラドキドキします。


ですが、どこかで「ま、大丈夫やろ。」とも思って見ています。



何故でしょう?



それは、最終的にグッドエンディングを迎えるということを知っているからです。


数多くのピンチも話を面白くし、感動を盛り上げるための演出であるということを知っているからですね。




自分自身に対しても、そんな見方を取り入れてみても良いかもしれませんね。


悪いこと、嫌なことが起きたとき、


「これも人生という物語を盛り上げるための演出だ。」


って。



そして、


「自分の人生は必ずグッドエンディングを迎えるんだ。」


って。



少しマイナスの出来事とのつきあい方が変わるかもしれませんよ。



あたしたちはなかなか完ペキにはいかない
でもさあ 何かが欠けてるからこそ前へ進める
ってのはあるよね 次の何かへ…



完ペキに満たされたなら そこから先の人生に
どんな意味があるっていうのよ
(井上雄彦 『リアル』)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.