FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

カンフル剤

●むこう向きのおっとせい その307

昨日はテスト対策で休みではなかった。


1時~6時まで、子どもたちは勉強に取り組んだ。


中3生にとっては来年の入試に直結する大事なテストだ。


それぞれが自分の課題に取り組む中、
いつもとは様子の違うS君の姿があった。


なかなか勉強に集中できなくて、成績も伸び悩んでいることに対して、
先日お母さんと懇談をして


シルバーウィーク中に与えた課題に取り組み、
連休明けにテストをする。
そしてその結果が悪ければ塾には行かさない。


というように話しをした。


彼は塾の事が大好きで来てくれている。


彼にとっては一大事だ。


私も彼の様子を見ていて、ずっと歯がゆい思いがしていたので、
いいチャンスだと思って、リスキーではあるがそうしてみることにした。



そしてこの土曜日、彼にテストを受けさせた。



結果は、


よく頑張って勉強したみたいで、今までの彼には想像も出来ないくらい、
非常によくできていた。



本人も私もほっと胸をなでおろした。



彼の頑張りは、大いに褒めておいた。



お母さんにも結果を報告して、彼は塾を続けることができるようになった。



まあ、お母さんも本気で塾をやめさせようとまでは思っていられなかったのだが、
お母さんの、子どもを思う真摯な気持ちが、彼にも少しは伝わっただろう。



それ以降、彼の様子を見ていると目つきが変わったように思える。



昨日の勉強会も、いつもなら気が散ってしまう時が度々あるのだが
ずっと集中できていた。



これをきっかけに、彼が変わってくれたら、いうことはない。




時には、カンフル剤は必要ということだ。



おかしいと思ったことに対して、
相手のことを真剣に思うなら、
厳しく接することが必要なのだ。



叱ることはとても難しいけれど、
叱ることも自分の大事な仕事の一つなのだろう。


何一つ優れたことのない自分が、人を叱るというのは恥ずかしい限りだが
星の数ほど失敗を重ねてきた自分に出来ることは、
同じ轍を、出来るだけ踏まさないように持っていくということなのだ。



厚顔を承知の上で、叱る事の出来るじいさんになろう。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.