FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

時は流れた

●むこう向きのおっとせい その317


中3の懇談が続いている。



土曜日の懇談の時のこと。



懇談の生徒は、ここ最近よく頑張っていて、

この間の定期テストでもいい結果を出していた。



こんな生徒の懇談はこちらもやりやすい。



今回の結果を先生(私)に褒めてもらえるかなと言っていたと、お母さんから聞いて、

ちょっとくすぐったい気がした。



こちらが思っている以上に子どもたちにとって、

自分の発言は影響があるのだろう。



心しなくてはいけないと思った。




話しをしている中で学校の担任の先生の話になった。



彼の担任は学園の卒業生のI君だった。



「僕もいっぱい質問を聞いてもらった。お前もどんどん質問したらいい。

学園の後輩やから頑張れ。」と励ましてくれたらしい。



担任のI君(先生)は、結構やんちゃで、よく叱られていたが、

中3になってから随分頑張って、成績を伸ばした生徒だった。




「とても情熱的で、一生懸命のいい先生です。」とお母さんが仰るのを聞きながら、




彼らしく、熱く生徒に向き合っているのだろうと思いながらも、

あのやんちゃが生徒指導するようになったかと、その当時の彼の姿が思い出されて、

何だかおかしくなってしまった。



時は流れたということか。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.