FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

何だかキナ臭い

●むこう向きのおっとせい その319

何だかきな臭い。


歴史は繰り返すのか。


人は進化しないのかもしれない。


昨日「ナチス強制収容所の解放者」という番組を観た。


世界恐慌の中、ヒトラー率いるナチスが、
驚異的な経済復興を成し遂げたことで
国民の圧倒的な支持を得て、政権を握っていく。


アメリカの大手の企業、著名人もこれを支持する。


経済の方が、おかしな人物よりも優先されるということだ。



ヒトラーを支持をしていた人達が、ヒトラーの亡き後、
無残な扱いを受ける。


手のひら返しとはこのことか。


人は何と流れに飲み込まれやすいのだろう。


そしてなんとあっけなく人は人を傷つけるのだろう。


大きな流れができると、抗うことは難しいということを、
番組を見ながら改めて強く感じた。




連合国がアウシュビッツの収容所の様子をドイツ国民に見せるべしだと言って
収容所を見学させる。



そこにある死体の山や、骨と皮だけになっている人々を見て
顔を背け、吐き気を抑え、そして叫ぶ。



「俺たちは知らなかったのだ!」



これに対して収容所の人が言う



「いいや、お前たちは知っていた。」と。




今1930年代に戻ったのかと感じることがちょくちょくある。



「俺たちは知らなかったのだ!」


とならないように、
おかしなことはおかしいと言える、自由な世の中を堅持しなければならない。



何ができるわけではないが、
大きな流れに飲み込まれない、
そして何かあった時に、モノ言える自分でありたいと思う。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.