FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

おもてなし

●むこう向きのおっとせい その328


今日は特別選抜入試の日で、
朝からH高校に”力餅”を持って応援に行ってきた。



“力餅”については前にも書いたけれど、
毎年受験生に渡している激励グッズの内の一つである。



いつもは卒業生の和菓子屋さんにお願いして
数を揃えているのだが、今日のH高校受験者は一人だったので
別の店に買いに行った。



いちご大福が名物のお店で、前に一度食べた時にとても美味しかったので
それを買うことに決めた。



店に行ったのがちょっと遅かったのか、
残念ながらいちご大福は売り切れだった。



仕方なしに別の大福餅を買うことにした。



支払いをする時に、「いちご大福は売り切れなのですね。」と聞いてみたら
女将さんらしき人が
「すみません。先ほど売り切れました。ほんとにごめんなさい。」
と謝られた。


その口調が心のこもったものだったので
「いえいえ、仕方ないです。」と言いながら
恐縮してしまった。



支払いが終わったとき、店の人が
「これ半分で申し訳ないけれど、どうぞ召し上がって下さい。」と
お茶とともに余りものの“いちご大福”を出してくださった。



思わぬことに驚いた。



こんな心遣いをされる店もあるのだなぁと感心すると同時に
心地よさを味わった。




東京オリンピック招致の時の滝川クリステルのスピーチを思いだした。




「お・も・て・な・し」




商売の時だけでなく、
日常の中でもこんな風に相手のことを考えられたら素敵だ。




相手のことを慮って、「裏表なし」に行動出来るというのはなかなかに難しい。



心に余裕がないとできない気がする。




改めて私の周りを見てみると、そんな事のできる人が
少なからずいる。




自分には足らないところなので大いに見習わなくては、なんて考えてしまった。




頂いた“いちご大福”はとても美味しかった。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.