FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

今日は2月29日

●むこう向きのおっとせい その329


今日は2月29日。



2月のカレンダーに、29日があるのが不思議な感じだ。



今年はうるう年なので平年より1日分日が長い。



調べてみると、現在のグレゴリオ暦では、
うるう年の決め方は以下の規則によるとのこと。

1. 西暦年数が4で割り切れる年は原則として「うるう年」にする。
2. 上記の例外として、西暦年数が100で割り切れる年は「平年」とする。
3. さらに例外として、西暦年数が400で割り切れる年は「うるう年」にする。



上の規則でいけば、今年は2016年で4で割り切れるからうるう年で、
1900年は4で割り切れて、100でも割り切れるから平年、
2000年は100で割り切れるけど、
400でも割り切れるからうるう年ということになる。



ということは2000年は随分レアな年だったということだ。




うるう年で思い出すのは、昔の新入生受付の面接風景だ。



以前2月11日は学園の新入生受付の日で、
テストの後面接があって、ヒゲ先生からいくつかの質問に答えてから
入塾が許可されていた。



質問は毎年同じで

①1年は何週間と何日ですか。ただし1年は365日とする。
②1ヶ月が31日ではない月は何月ですか。
③なぜ4年に1度うるう年を設けて1日増やすのですか。


というものだった。



①に対して子どもたちは一生懸命計算するけれど
暗算でしないといけないのでなかなかできない。


するとヒゲ先生が、365を350と15に分けて計算すれば簡単にできる
と教えると、子どもたちはなるほどそうすればいいのかと、目から鱗状態になる。



②の質問に対しては
「西向く侍」という覚え方を教える。



③の質問は難しいので子どもたちは答えに窮するのだが、
「1年は365日と何時間か余りがある。
だから4年に1度日を増やさないと暦が狂うのだ。何時間か分かるかな。」
と質問を変えて聞くと、子どもたちは答えを導き出し、うるう年の意味を理解する。



よく考えられた質問だとつくづく思う。



何組もの生徒を前に、何度も同じ質問を繰り返すのだが
子どもたちと問答するヒゲ先生はその都度実に楽しそうだった。



今日はそんな在りし日の
ヒゲ先生のことをゆっくりと偲ぶ1日にしようと思う。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.