FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

60期 卒業祝賀会

●むこう向きのおっとせい その332

昨日は学園の卒業式だった。



今年は久しぶりに本部教室の天文教室で実施した。



ドームの円形部分に「60期 卒業祝賀会」の横断幕が貼られ、
桧舞台には所狭しと楽器類が並び、正面には演台が置かれた。



普通の卒業式と違って、学園の卒業式では、
ご来賓の祝辞の後はアトラクションの時間があって、
職員が楽器を弾き、歌を披露する。
そして、演奏のあとは卒業生が主人公の記念映画が上映される。




41年前からこのスタイルを通している。



だから式は5時間に及ぶロングランになる。



激励の言葉をもらい、舞台で日頃の先生たちとは違った姿を見、
卒業映画で自分たちの過ごした学園での生活を振り返る。



子どもたちはたくさんの刺激を受けたのではないだろうか。



特に映画は若い先生たちが精魂込めて作成したもので、卒業生への思いが溢れている。




これを見れば、先生たちの思いが子どもたちに伝わったことだろう。




入試の結果は全員が希望校に合格できたわけではない。




涙を飲んだ者もいる。



そんな彼らの気持ちを思うと、たまらないものがあるが
人生はまだスタートしたばかりだ。



結果は結果として受け止めて
前向きな気持ちや姿勢を持って次のステージに向かえばいい。



そうしていればいつか必ず別の形で報われる日が来る。



そう信じたい。




この卒業式は、そんな彼らにとっての大きなエールになっているのではないだろうか。



望み通りの結果が出た生徒の保護者の方も、そうでない保護者の方も、
式の最中は終始にこやかで、そして帰り際には我々に感謝の言葉を述べてくださった。



これは本当に嬉しいことだった。




ここまで学園を信頼して、子ども達を通わせて頂いたことには
ただただ感謝の気持ちしかない。





26日からは小豆島への卒業記念旅行がある。




卒業する中3生は、ほぼ全員が参加する。




自由で楽しい時間を過ごして、
新たな高校生活をスタートさせてくれればと思っている。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.