FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

〝バトン〟

森山's Honey Bucket 294


合宿行事中の若い先生方の働きぶりには頭が下がる。

授業担当・実験助手・生活担当・起床就床の世話・風呂当番・食事準備片付け・さまざまな行事の準備と後始末・・・


そして何より、エネルギーの塊である子どもたちとの間断ないお付き合い。

どの一つをとっても、若い力なくしては合宿行事は出来えない。


子どもたちは若い先生方が大好きだ。

運動場でサッカーやバスケの相手をしろ、追いかけっこをしろ、ウノのメンバーに入れ、ギターを聴かせろ、踊ってくれ、肝試しをやってくれ、おしゃべりの相手になれ、悩み事を聴いて・・・

まあ到底書ききれないほど、子どもたちから若い先生方へのリクエストは多い。


加えて今回の春合宿は、新高1年生たちの〝卒業旅行〟も並行しているので、助手の先生方の忙しさは指数関数的にどんどん増す。

学園長のブログの通り、島を離れ讃岐本土に渡って〝うどん〟を食するグループ、小豆島の西端にある恋人たちの聖地〝エンジェルロード〟を訪ねるグループ、温泉派、釣り大好き派、BBQチーム・・・、助手の先生方は手分けしてそれらすべてのグループに参加し、子どもたちを見守ってくれる。



どうしてこれほどまでに愛情を注げるのか?



先輩から後輩へ受け渡される見えない〝バトン〟の存在・・・が理由ではないか?



学園のスタッフは全員学園の卒業生だ。

かつて自分が在校生だったとき、そして春合宿に卒業旅行生として参加したとき・・・

そこには、自分たちを受け止め、一心に世話を焼いてくれた先輩方がいた。

今こそ自分が後輩たちに還元する番だ!と思ってくれているにちがいない。



助手の先生方どうしも、先輩・後輩・同輩ミラクル仲が良い。

先輩に影響を受け、刺激をもらい、後輩の先生方もいつしか大きな先輩の先生になっていかれる。



先輩を送り出す後輩の助手の姿も、

後輩に後を託す先輩諸氏のまなざしも、

すっかり学園の春の景色になった。



知夏ちゃん

高太朗くん

スーさん

くりちゃん

京ちゃん

みきぽん


本当にありがとうございました。


これからもお元気で、ご活躍くださいね。



securedownload (13)

securedownload (12)

securedownload (14)

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.