FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

ドクター

●むこう向きのおっとせい その340

前に受けた健康診断の結果が、実はあまりよくなかった。


ほとんどの項目は正常だったのだが、脂質の項目と血圧に、
芳しくない結果が出ていたのだ。


血圧が高く、悪玉コレステロール、総コレステロール値が高く出ていて、
精密検査を受けろとの指示だった。



結果が出てから、自分なりになんとかしようと思って、
塩分控える、豚肉控える、脂肪を減らすという油やマヨネーズを使う、
運動を週1のテニスだけでなく、散歩と壁打ちもする、
親戚の医者からアドバイスを受けた、1日大さじ1杯のオリーブオイルを飲む等々、
生活改善に努めてきた。



それが、我が妹がこの間病院に行ったら、
コレステロール値は薬を飲まないと下がらない、
ほっといたらダメと言われたらしい。



これを聞いてちょっとびびった。



高血圧、コレステロールがたまると脳溢血、心筋梗塞になる確率が
格段に上がると前から聞いていたので、
これはやばいと思った。




結果が出てから約半年。病院に行った。



何しろ要精密検査だから、どんなことを言われるのだろう、
入院して治療しろなんて言われたら最悪だと、なんだかんだ心配しているところに
「血圧を測りましょう。」と看護師さんが言ってきた。



もうその時点で緊張マックス。



深呼吸を繰り返してから測ったが、またまた数値が高く出る。




家で測った時には正常値だったのに、どうなってんだろう。
病院に来ると交感神経がおかしくなるのかなぁと思っていたら
治療室に呼ばれた。




恐る恐る入ってみたら、感じの良さそうな若いドクターが座っていた。




深刻なことを言われるのかと思って身構えていたら、
「お元気そうですね。体調は悪くないですか。」と聞いてきた。


「はい、すこぶる元気です。」と答える私。



いろいろと普段の生活を聞かれて答えていると
「悪玉コレステロール値がちょっと高いけれど、食事にも気をつけて、運動もしているようですので、
薬の必要はないでしょう。お父さんが糖尿病だったということなので、血糖値は気にかけていきましょう。
体調は変化するので、これからちょくちょく来てください。」と
お友達を招待するみたいに軽やかに言われた。




初めて会ったのだが、世間話も交えながら終始穏やかに話すことができた。




先生の笑顔を見ていて、それまでの不安が吹き飛んだ。




もちろん体調が完全によくなった訳ではないけれど、
ドクターと話をしていて安心したし、
今までかかりつけの医者がいなかったのが、
こうして診てもらえる人に出会えたことも嬉しかった。



この先生なら、悪い結果が出ても上手く対応してくれそうな気がした。



ああしろこうしろと何も言われなかったが、
健康を意識する気持ちはますます高くなった。




自分の患者(生徒)にも、こんな風に安心感を与え、
自分から頑張ってみようと思ってくれる様に対応できたらいいのだが、
なんて考えさせられたドクターとの出会いだった。




ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.