FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

TKG's poop

お久しぶりです!

二回目の登場です!

覚えてくれてますか?
藤原学園きっての真面目系助手、
54期生の高木です!

最近は学校の授業を受けつつ、
企業にインターンシップさせてもらいながら
藤原学園で助手としても活動する
さらにその傍らで焼肉屋さんでアルバイトと
超多忙な日々を過ごしています!

なにを書こうか散々迷った挙句、
昨日22歳になったばっかりの(ここ重要)、若輩者高木が"学ぶ"ということについて、思うことを好き勝手に語っていこうと思います!


中学生のみなさんは勉強している最中、
一度や二度思ったことはありませんか?

「こんな勉強、将来なんの役に立つねん。」と。

当時中学生だった僕も幾度となくこの問いに答えを求め、多くの人にこの質問を投げかけました。

そしてよく聞くテンプレートの様な答えはこうです。

「頑張れば誰だって出来るのに、勉強すらできないひとになにができるねん?」

しかし、ひねくれ者の僕はそれに、言い返せずとも、思うことはありました。

「いやいや、何かは出来るだろ」

何かと言われればなにも思い浮かばないですが
そう思っていました。

そんな僕が、中学生も終わりが見えてきた中学校2年生の学期末に少し変わった答えに出会います。

「なんの役に立つかわからない勉強をするのが嫌なら、自分が将来役に立つとおもう勉強をすればいいんじゃないか。」

衝撃でした。

「確かに。」

ひねくれ者の僕ですら、そう言い返す他ありませんでした。

それからは「手に職をつける」という言葉を知り、手に職をつけれる学校を調べ、その過程で高専と出会いました。

幸い、将来役に立つ勉強をするために、今の勉強をしているのだと割り切って勉強することが苦にならず(?)、最後まで頑張ることができました。

もちろんこれは僕がそう思ったからそうだっただけで、すべての人がそうではありません。

父親がエンジニアだからエンジニアになれば、少なくともお金はかせげる!と思っただけの話です。

僕の夢はお金持ちになって、世界中を旅行する!
です!好きなアーティストの質問にもそう答えたぐらいです笑

S__1097911.jpg 

今も昔もこの傲慢な夢しかありません。

お金持ちになれそうな職業の中から、「これやったらやったってもええな!」という職業を上から目線で選んで、それになるためにはこんなスキルが必要で、そのスキルを手に入れるためには、こんな勉強が必要で、その勉強をするためには.....と逆算すると、不思議と今すべきことが見えてきました。

僕もまだまだ学生で、そうやって考えてきた事が正解だったのかは、これから次第です。

お父さん、お母さんに怒られるから頑張る、周りがやってるから頑張る、その頑張りにはやっぱり限界もあり、失敗した時の言い訳にしがちです。

自分がやりたいこと、自分が決めたこと、自分の夢。
それを実現するために、頑張ってみてください。

その夢の手助けするために、藤原学園の先生をはじめ、多くのスタッフがいます。

勉強のことはもちろん、自分の目の前にある疑問や悩みをぶつけてみてください。

全ての答えはもらえなくとも、
親身になって一緒に悩んでくれますよ♬

ではまた! 

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.