FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

旅への欲求を駆り立てられる

ワクワクの土曜日担当、池畑ことあっくんです☆
本日も僕のヒトリゴトにお付き合い下さい♪


和田竜さんの最新作(といっても3年前に出版)、『村上海賊の娘』を読了した。

単行本だと上下巻、文庫本だと全4巻の大作だったが、この方の他の作品同様にテンポの良い展開で読み始めるとあっという間。


戦国時代、芸予諸島を拠点とし瀬戸内海を席巻していた村上海賊。

その村上海賊の当主である「海賊王」村上武吉の娘、景を主人公とした物語だ。

織田信長に攻められて窮地に陥った石山本願寺を救うべく、景が戦いに身を投じた第一次木津川合戦へと向かって話は進んでいく。


荒々しい海賊たちの戦いの場面が多いので過激で凄惨な描写も少なくないが、文句なしに面白い作品だった。

戦いの舞台である大阪はもちろん、淡路島や小豆島などの慣れ親しんだ地名が出てくるのもなんだか嬉しい。





ちょうど『村上海賊の娘』を読んでいる最中に、ふと手にした旅行誌の特集内容が「瀬戸内の島めぐり」だった。


もちろん僕にとっての瀬戸内の島といえば「小豆島」。

これまで訪れた回数はもはや数えきれない。


しかし、考えてみると小豆島以外の瀬戸内の島は全くに近いほど知らないのである。


これら2冊の本との巡り合わせも何かの縁か。

ふと瀬戸内の島々を旅して周りたくなった。



せっかくなので村上海賊がその拠点とした芸予諸島、その中でも「しまなみ海道」が通っている島々にまずは行ってみようかな。 

IMG_5310_R.jpg

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.