FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

修理して用ゐることぞ(後編)

こんにちは。なりちゃんです。

先週に引き続き、テーマは修理です。



今週は長ったらしい前置きは抜きにしていきますよ!


はい、どーぞ!!!!

KIMG2402.jpg


ぷら~~ん



舞台はまたしても中3勉強会。

扉を開こうと引っ張った瞬間の悲劇だった。

なんかもう違うタイプのドアノブみたいになっちゃって、真也先生が取り外しておられますね!


こうも見事に金属部分が割れちゃってると、もう交換してもいいかなって思わなくもない。


でもなぁ…型もくっきり残っちゃってるしなぁ…。


KIMG2406.jpg


違う形のものをこの上に取り付けるとやっぱりちょっとかっこわるいかなぁ。

う~ん。



「物は破れたる所ばかりを修理して用ゐる事ぞ」

そうだよね松下禅尼。天下とらないけど。
(このくだりは先週の記事を。徒然草もよろしくね!)

修理をしよう。天下とらないけど。


さぁ、どうやって直そうか…?


とりあえず割れた部分がハマらない。どうやら元からの変形もあったらしい。

叩けばなんとかなるだろうと安易な発想で金槌を持ち出す。

多少の変形はどうしようもないけどすんなり解決。

第一ラウンド勝利。



問題は、固定。

引っ張って使うものだから、耐えられるようにしないとなぁ…。

瞬間接着剤では弱いだろう。


実験室からハンダセットをもって戻ってくる真也先生。

ハンダ付けでなんとかしようと試みる。


KIMG2405.jpg



しかし、ツルツルの表面にハンダがおとなしく固定されてはくれず、

無理やり乗せて固めるも、軽く叩いた瞬間はがれてしまった。

まぁ、ですよねぇ。


失敗。

第二ラウンド惨敗。




とりあえずもう固定してから考えよう。

なんしか接着するぞ!

と、某瞬間接着剤:ア●ンアルファを塗り、放置


放置…している間にはめた部分がズレた…。

ついでに瞬間接着剤って実はそんなにすぐ乾かないよね!


やりなおし。接着剤が乾ききる前で本当に良かった。


二回目はきちんと固定して、ドライヤーで乾かす。めっちゃ乾くやん。



何とか割れ目はくっついた。

なんしかくっついた。

第三ラウンド、前半戦優勢。




しかし、だ。

この取っ手は人に引っ張られなければならない。

明けても暮れても雨の日も風の日も雪の日も理不尽に引っ張られなければならない。

(こう書くとなんか可哀そうになってくるね、取っ手。)


先に書いた通り、ア●ンアルファだけでは絶対に弱い。

「何か金属を貼りましょう」と真也先生に相談すると、実験室からアルミ板を持ってきてくださった。


マジでなんでも出してくれる真也先生とマジでなんでも出てくる実験室。


グルーガン(これも実験室から)で樹脂をこれでもかというほど間に詰めて、固定!!



KIMG2407.jpg


なかなかにしっかりしてくれた。グルーガン優秀。最高。愛してる。



そして、取り付け。

KIMG2410.jpg

実はちょっと隙間あいてる(笑)


我々の勝利の瞬間である。



強敵だった。もう戦いたくない。





余談ですが、取っ手の無い扉ってものすごく不便ですね。

大切なものはだいたい失ってから思い知ります。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.