藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

いいぞ!

森山's Honey Bucket 335


合格発表→卒業祝賀会→春合宿→春期講習会、そして明日からは年度最初の実験学校…と、例年のこととはいえ、慌ただしく時は行く。

が、自分の納得した歩幅で、信ずる方向へ歩き続けている。(君の1歩は誰より短い!と思ったそこのあなた…失礼ですよ💢)




昨日春期講習会の2日目。

こんな場面があった…と、あっ君先生から授業中の出来事について報告をいただいた。


新中3生の数学の授業。(学校でのスムーズな滑り出しを期して、数学は完璧予習型の講習だ。)


式の展開や乗法公式を解き進めていたとき…

いつもは笑顔満面、クラスのムードメイカーでもある女子が、顔は笑い、しかし大粒の涙をポロポロこぼしながら、

「わたしって、どうしてこんなに、理解すんのん遅いんやろう…」

とこぼしたらしい。

一所懸命取り組みながらも、周りの子たちの進み具合と自分を比べてしまっての一言だったようだ。



この子はその前日に、「永ちゃん先生から〇〇高校を勧められた。今の私には到底無理な学校って思うけど、せっかく勧めてもらったし、今年はうんと頑張ってみようかなあ…」と言っていた。



悔しかったんやね…あっ君と納得し合った。


彼女の流した涙の話を聞いて、

美しい涙だなあ…と嬉しくなった。



この子が今まで出会えなかった「本気」とついに向き合えることになったのかも知れない。


いいぞ!〇〇さん…

悔しい思いもいっぱいしながら、成長しいや!

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.