藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

フォークルがやって来た。

●むこう向きのおっとせい その393

前回フォーククルセダーズのことを書いたら、
17期のO君が「僕それ持ってるから持っていきます。」
と言ってくれて、一昨日わざわざ本部まで届けてくれた。


O君とは去年、10数年ぶりに再会して、
お互い旧交をあたため、楽しい時を過ごさせてもらった。


それからまた久し振りに会ったのだが、
変わらぬ笑顔で、地元の美味しいケーキと、
フォーククルセダーズだけでなく、
私が喜んで、聴いたり、観たりするであろうCDやDVDをいっぱい持ってきてくれた。


これは予想もしていなかったので、とても嬉しかった。


二人でしばし、昔話や音楽の話で大いに盛り上がる。


彼はほんとに音楽マニアで、
あらゆるジャンルの、あらゆるCDを持っている。


いっぱい買いそろえるため、
家族からは冷たい目で見られているらしいが、
ジャズから歌謡曲まで、その幅の広さには驚かされる。



この間はキョンキョンの3枚組のCDを買ったそうな。



そんな話をしていると、いくらでも話してしまえそうだった。


「いつ返したらいいのかな?」と聞いたら、
「いつでもいいですよ。」との応え。


なんとも優しいことだ。


今度有志で小豆島に行きたいので、
ぜひ企画してほしいとも言われたので、
ぜひ実現させよう思っている。


この歳になってくると、気の置けない人というのは貴重な存在になってくる。


こんな繋がりは大事にしていきたいものだ。




今日借りた「フォークル」を聞いてみたが、
懐かしさ満開だった。


やはり「フォークル」はいい。



ではまた。

















Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.