FC2ブログ

藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

扉に刻む成長


森山’s Honey Bucket 28

 

 

上本町校9階の玄関扉に下のような記録があります。 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

















毎月11日前後は54期生Fさんの身長測定日。

彼女が中1の9月、ふとしたきっかけで始まりました。

 

柱の傷ならぬ扉に刻む成長の記録です。

とても小さく可愛いかった中1の彼女、記録「136cmなり」からスタートです。

昨日分まで、ほぼ欠かさず31ヶ月記録してきたことになります。

彼女が結婚するまで続けよう!と約束しています。

 

今月も11日に訪ねてくれたらしいのですが、

「先生授業中で熱弁ふるってたから、邪魔したらあかんと思ってそのまま帰った…」とさすが女子高校生らしい細やかな気遣いをしてくれたようで、一日順延で今日出直してきてくれました。




僕   「よし測ろう!」といつもの教師用三角定規とマジックペンを持って構えました。

     ところが大変!

     前回4月11日の記録からほんの少しの変化(伸び)もありません。




僕   「ちゃんと背中伸ばしや!もう一回測ろう。」



Fさん 「朝から重い鞄を持って長い時間電車通学しだしたからかなあ…」



僕   「うーん、やっぱりあかんなあ。」



Fさん 「わたし…もう身長伸びへんのやろか…??」



僕   「そうかも知れへんぞ。もしそうなったら印の線は真横に伸ばしていこう。」

なんて笑いながら、何事も正直が一番と、前の記録と同じ位置に印を打ちました。

測定後、友達がたくさんできて高校生活がとても楽しく充実していること・授業のこと・

クラブ活動のこと・早寝早起きになったことなどなど、素敵な報告をいっぱい聞かせてもらいました。

 

別れ際、何気なくこんなことを尋ねてみました…

 

僕   「行き帰りの通学で迷子になったり、怖い目に遭ったりしてないね?」

 

Fさん 「やっと迷わず行けるようになった。そういえば、こないだとても怖い目に遭った…」

 

僕   「えっ!」

 

Fさん 「電車で隣にヤ○ザのお兄さんが座った。」

 

僕   「うん、ほんで?」

 

Fさん 「どきどきしてたら、その人カバンからゴソゴソ何か取り出した。」

 

僕   「えっ、まさかピストル? 

 

Fさん 「カタログやった。それも肩や背中に彫る刺青のカタログ。

いっぱい刺青ばっかり載ってた。

あんなんはじめて見た。怖かった。」

 

 

そのカタログを横目でチラ見しているFさんの勇気をちょっと思い吹き出しながら、再会を約束して別れた。   




Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.