藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

2017年 桐蔭合宿

●むこう向きのおっとせい その397

桐蔭中学の合宿が今年も無事に終了した。


桐蔭中学開校時からずっと続いているので、今年で23年目になる。


今年の生徒たちの反応も目が生き生きと輝いて、
長時間の実験にも関わらず、最後までパワフルだった。


私は「薬品の怖さと面白さ」についての実験を担当。


ほぼひとりで喋って子どもたちと問答しながら授業をすすめる。


どの授業も100分の時間がありながら、時間を延長してしまった。


子どもたちの反応がいいこともあるが、
この施設が既存の施設とは違う、
一人の人間の、理想を追求する情熱のもとに出来たということを
少し伝えておきたかったので、ヒゲ先生の話をしたこともその要因だった。


でも子どもたちは次から次に繰り出される実験に
最後までほんとに無邪気に反応してくれた。


こんなに気持ちよく授業できることはそうあるものではない。



最終実験の花火点火の前の天体観測では、
かつてないほど星が綺麗だった。


レーザービームで星を指し示すたびに
子どもたちは歓声をあげ、拍手をした。


その反応に思わず頬が緩んでしまった。



今年もとても充実した時間を過ごすことが出来た。



この合宿を通して、
子どもたちが体験することの素晴らしさを感じてくれたのなら言うことはない。


最近ちょっと歳を食ってきたので、
桐蔭合宿も乗りきれるかなと思っていたが、
今回の様子を見ていると、まだ大丈夫そうだ。


付き添いの先生たちからも、
長年付き合っている添乗員の方からも
過分の評価を頂いたし、
子どもたちの反応も可愛いし、
もうちょっと頑張るとしよう。



ではまた。

Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.