藤原学園の『年中夢求』日記

〜今日も顔晴るみんなへ〜

素敵な夏にしたいなあ…

森山’s Honey Bucket 342


用を思いついて、2階の実験室から1階の職員室に降りてくる。

自分の机の前に来て

はた

自分は何をしに(何を取りに)ここに降りて来たのか…


時に自分でもおかしく

ときに腹立たしく

でも思い出せないものは思い出せない。



日常におけるこんな場面が、確実に増えた。




記憶力がこのレベルなので

最近は努めて、為すべき仕事をメモに書き留め、いつでも目につく場所に置いている。


思い付いたら間髪入れず書く。

時間が経つと、何を書き留めるべきかを思い出せなくなるからだ…



ひとつ終わればひとつ横線で消す。


横線を入れる瞬間は細やかな満足を感じる。

「やったぞ!」って




でも、夏を間近に控えたこの時期

終了済のチェックを入れる倍以上の速さで

やるべきことのメモが増えていく。



うちの先生方皆忙しい。

それぞれがしなくちゃならない仕事に追いかけ回されている感じだ。
(特に信ちゃんは仕事が好きすぎて帰らない笑)




でも職員室から笑顔と爆笑が絶えないのは


やっぱりみんな、今年もやってくる「学園の夏」を心待ちにしてるからなんだろう。


子どもたちの成長に、ちょこっとは役立てる僕らですように…


Newest

Comment

Leave a comment

Designed by Akira.
Copyright © 藤原学園の『年中夢求』日記 All Rights Reserved.